2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

コーチング 聴くこと

2014年10月 2日 (木)

スポーツ選手の言葉

福岡ソフトバンクホークス 優勝おめでとうございます!

 
 
 
 
466017d923ae
 
 
 
 
ぜひ またクライマックスシリーズで 面白いゲームを見せて欲しいですね。
 
 
 
 
 
さて、それでちょっとおもいだしたことが あったので メモ的にはなしておきますね。
 
 
 
何年かまえに スポーツライターの小林信也さん が、ラジオで話していたことなんだけどね。
 
 
「イチロー選手や長嶋さんの言葉っていうのは、プロとして本当にギリギリのところからでている言葉なんですよね。だから、その次元で理解しないと本当の意味はわからない。 だけど ふつうの人は イチロー選手の言葉を自分の体験にひきよせて理解しようとするんですね。 それは間違いなんだけど、そのあたりがスポーツライターとして なんとも難しいところなんですよ」
 
 
 
 
って話しをしてたんだよね。(もちろん だいたいこんなことを言っていたという 覚えている範囲のものです)
 
 
 
 
 
つまり スポーツ選手の言葉は、ギリギリでたたかっている人には その言葉でつうじるんだけど そうでない人が自分の経験にひきよせて理解しても本当のところはよくわからないかもしれないってことだね。
 
 
 
自分の経験にひきよせて、話しをきいてしまうっていうのは、別にスポーツ選手の言葉だけじゃなくて 目の前の人が話すときだって 「こういうことではないかな?」と推測してしまうことってあるよね。
 
 
推測するのはいいとおもうんだけど 相手に対して「決めつけ」や「思い込み」で話しをすると 相手の話しを理解はできないよね。
 
 
 
 
うん。 
 
 
 
 
 
 
スポーツ選手の言葉をきくたびに 僕はこの小林信也さんの言葉をおもいだすんだよね。
 
 
「今、いってるこの人の言葉って どういうところからでてきて どんな意味なんだろう?」っておもいながら聞くようになったよ。
 
 
たぶん 完全には理解はできないんだろうけど でも安易に自分の経験にひきよせて聞かないようにしている。
 
 
そうやって、コメントを見てみると 見えてくるものもあるんだよね。
 
 
 
 
まだまだ クライマックスシリーズや日本シリーズでの選手や監督の言葉って、注目したいとおもいますよ。
 
 
 
 
 
 
と、いうことで また次回!
   

2014年5月25日 (日)

「カリブレーション」で重要なこと

本日 更新する予定でしたが 体調不良のため 明日あらためて今日のエントリーアップします。すみません!

 === === ===

 

昨日は 失礼いたしました。

 

「カリブレーション」について、、、ですね。 

 

ちょっと振り返ると

コミュニケーションのカリブレーションとは 

 

「相手が伝えようとしていること、自分が伝えようとしていることが 互いにわかっていくプロセスをおこなうこと」

 

って話したよね。 

 

 

そこで その話の補足を話すね。

 

 

コミュニケーションのカリブレーションの重要性、、、というか有用性みたいなものってあんまり伝わってないんだけど その原因のひとつは 間違って伝わっているからだとおもうな。

 

 

カリブレーションのやりかたのひとつに 「相手の眼球の動きを見る」とか「相手の感情にはいっていく(?)」とか そういうことのように伝えられているんだけど、そうじゃないよ。 

(まぁ、間違い、、、ではないのかもしれないけど)

 

 

だけど もっと本質的に重要なのは

「相手と ニュートラルにむきあう」 

ってことなんだけどね。 

 

 

ニュートラルにむきあうっていうのは 要するに 

 

「思い込みとか、バイアスとか、評価とか、そういうのをいったん横において 事実をうけとる」 

 

みたいな ニュアンスなんだけどね。 

 

 

たとえば 年齢が上だから保守的だろう、とか女性だから感情的だろうとか、固い仕事だからマジメだろうとか そういう決め付けみたいなもの。 

 

 

とくに その人との関係性ってとても重要で たとえば相手と話をする前日にケンカしてたら 今日はたぶん相手は トゲトゲしいい態度でくるんだろうな っておもうよね。 

 

 

でも そういう状況とかを いったん置く必要がある。 

 

 

ケンカしたあとに その人に凄くいいことがあったかもしれないから 気分や感情が変化している可能性はあるよね。 

 

そこを「カリブレーション」するってことだよ。 

 

 

だから 根本的に 相手にあわせていく、、、っていうよりも 自分自身のコンディションをととのえていく、、、ってかんじだね。 

 

つまり 相手にあわせるカリブレーションってよりも 自分の気持ちや感情のカリブレーションっていうスタンスのほうが 効果があるよ。

 

 

 

ここがポイントだとおもうよ。 

 

 

うん。 

 

なんか 「禅」みたいだけど まぁ そういう感じっていってもいいかもね。 

 

 

では!

 

 

 

2014年5月24日 (土)

「カリブレーション」の間違った理解とは?

意外と、そんな人いるんだけど 

 
「別に相談したわけでもないのに アドバイスしてくる人」
 
 
っているよね?
 
 
 
 
 
僕としては ただ現状の説明をしただけなんだけど 
 
 
「それは こうしたほうがいいよ」 
 
 
みたいな話をしだすケース。 
 
 
 
 
 
こういう人と話をするのは 僕はとても苦手で 2分くらいしか話できない。
 
 
だけど それはそれで 親しく話をしている人もいるので そういう話し方が好きな人もいるんだろうね。 信じられないけど。 
 
 
 
 
 
 
たぶん 「こういうことを望んでいるんだろうな」っていう 好意みたいな気持ちで 話してくれてるんだろうけど そういうのはこまる。 
 
 
なぜなら ぼく自身が そもそもアドバイスをもとめていないからなんだよね。 
 
 
 
 
 
 
 
よく コーチング研修なんかで 
 
 
「アドバイスをしてはいけないんですか?」 
 
 
「答えをつたえてはいけないんですか?」 
 
 
とか聞かれるけど こういう質問をする気持ちは わからないでもないけど よくかんがえるとずいぶん変な質問なんだよね。 
 
 
 
 
アドバイスが効果的なのは 相手がアドバイスを求めているときだとおもう。
 
 
 
でも 相手がアドバイスを求めているって どうやってわかったんでしょう?
 
 
 
「アドバイスをおねがいします」 
 
 
 
って 言ったから?
 
 
 
口にしたことが、すべて本当の気持ちじゃないことぐらい いくらでもあるよね。 
 
 
そもそも 相手自身にも 本当にアドバイスが必要なのかどうか わかっているんだろうか?
 
 
 
 
 
何かを求めているのは 間違いないんだろうね。 
 
 
 
だから まず最初にそれが何かを 調べないと いきなり望んでもいない「アドバイス」をいわれても こまるよね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
相手が 何をもとめているのかを 理解していくプロセスを 「コミュニケーションのカリブレーション(calibration)」とか 「キャリブレーションする」とか いいます
 
 
 
NLPなんかで 間違って伝えられているのは 
 
 
「相手の言ってることと、非言語的な内面との不一致に注目して 調整すること」
 
 
とか
 
 
「相手が今感じている感情と 同調するようにすること」 
 
 
とか
 
 
「相手の本当の感情をたしかめていくこと」
 
 
 
とか いろんなこと伝えられているけど ぶっちゃけ これ全部すこしずつ間違ってるよ。ってか、この3つって 全部違うことなんだけど このあとNLPで教えられる「カリブレーションのやりかた」って全部おなじという 摩訶不思議なものなんだけど。なんとかしてください。 
 
 
 
 
「コミュニケーションのカリブレーション」って 要するに 
 
 
「相手が伝えようとしていること、自分が伝えようとしていることが 互いにわかっていくプロセスをおこなうこと」
 
 
なんだよね。 
 
 
 
 
 
 
恋人どうしがいるとする
 
 
女性 「ねぇ なにか食べない?」 
 
 
男性 「いいけど、、、何食べる?」 
 
 
女性 「いや 別になんでもいいけど。美味しいものならなんでもいい」 
 
 
男性 「そりゃそうだろうけど、、、ちょっと歩き疲れた? そういえば言葉がすくないね」 
 
 
女性 「そうね。そうかもしれない。ちょっとドリンク飲めるところで どうするか決めたい」
 
 
男性 「じゃ、ゆっくり 座れる近いところにしよう」 
 
 
女性 「うん。そうしましょ」 
 
 
 
めでたしめでたし。 
 
 
 
 
この 「何食べる?」って聞いてみたりとか「なんでもいい」とか「言葉がすくない」とかに注意するプロセスを 「コミュニケーションのカリブレーション」っていうんだよね。
 
 
 
だから 相手の内面がうんたらかんたらとか 眼の動きがどうたら とか そういうのは必要ありません。
 
 
必要なのは 別のことです。
 
 
 
この カリブレーションっていうのはとても重要なんだけど 間違ってつたえられているので おかげで あんまり行われてなかったりするっていう 変な「スキル」なんだけどね。
 
 
 
 
うん。
 
 
さらっと はなすつもりだったけど 長くなったので 残りは次回にしますね。
 
 
「必要な別のこと」も話します。 
 
 
 
では、また次回!
 
 
 
 

 
 
 
 
 

2014年3月27日 (木)

うまく「聴けている」かどうかはどうやってわかるのかな

 今日はちょっと 「聴く」ことについてはなしてみる。 

 
 
 
コーチングのポイントは、「聴くこと」とよくいわれるけど 僕は自分自身でも 「うまく聴けてるかな?」というのは、よくわからないときが多い。 
 
 
クライアントさんから 「今日はよく聴いていだきました。90点!」とか いわれるわけではないので 評価がよくわからないんだよね。  
 
 
 
 
 
で、僕が気をつけているのは 自分がうまく聴けたか? ということよりも 
 
 
「相手が たくさん話しができたのか?」  
 
 
ということを ここんとこでは 気をつけるようになった。  
 
 
 
 
 
 
 うまく相手の話が聴けているのかどうか? というのが 「相手の話しの量」ってするのは、ちょっと乱暴なのかなともおもうけど ひとつの指標ではあるとおもうな。 
 
 
 
延々と話しをしているんだけど 実は核心のはなしをしたくないから延々と話しているケースもあったりするよね。  
 
 
でも、それも そもそも「延々と話し」をつづけていることが できているから 「あれ? なんだか核心の話しにふれないなぁ」って聴いてるほうがわかるっていうこともあるとおもう。
 
 
 
だから ある程度 「相手が話す量」っていうのを目安にするのはわかりやすい。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 「聴くこと」がなぜ 相手のサポートにつながるのか? というと 
 
 
「自分が聴く」 → 「相手が話す」 → 「話すことで 相手の経験や知識、かんがえなどが 相手の中で再定義される」 → 「相手自身の中でかんがえを再認識する」 
 
 
 
再定義されて、再認識するプロセスが いわゆる「気づく」という状態なんだろうね。 
 
 
だから それが相手のサポートにつながるんだろうね。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 別の見かたをすると 「聴く」というのは ただまんぜんと聴いているのではなくて 
 
 
 
 
「相手が話す」 
 
 
「相手が経験や知識、かんがえを再定義する」 
 
 
「相手が自身の中でかんがえを再認識する」 
 
 
ということをうながすように 会話をするってことだろうね。  
 
 
 
 
 
 
 
だから そういうことが 会話のなかで うながされていれば、ひとまず「うまく聴けている」っておもってもいいのかもしれないね。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 もちろん、「聴くこと」には いろんなものがあるので これができていれば全部OK! とはいえない。 
 
 
 
 
でも ひとつの目安として
 
 
「相手がたくさん話しをしている」 
 
 
ということで
 
 
「相手が経験や知識、かんがえを再定義する」 
 
 
「相手が自身の中でかんがえを再認識する」  
 
 
なんかが うながされていたら ひとまず「よく聴けた」とおもってもいいんじゃないかなとおもってるよ。