2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

人気エントリー

2014年10月30日 (木)

2014年 10月の人気エントリー

さて、わけあって 1日はやいですが 今月の人気エントリーです。

 
 
今月は、ついに「毎日更新」が途切れてしまいました。
 
 
毎日更新するつもりでしたが いろいろと事情が重なって 更新できない日が続いてしまいましたね。 
 
 
今後は、、、今の感じで「だいたい毎日更新、あんまり休みません」でやっていきます。
 
 
で、今月の人気エントリーです。 
 
 
 
 
 
 
 
データ関連の話っていうのは、やっぱり凄く関心が高いね。
 
僕の研修なんかでも、おもしろいデータについての話なんか もの凄くくいつきがいいからね。
 
ただ 実際どういうデータをとらないといけないのか? っていうのは なかなか中小企業レベルでは難しい。
 
 
だから 「新しい仮説を立てる」というのを 目的にデータをとるってかんがえると 比較的やりやすくなるんだけどね。
 
そういう エントリーでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Photo
 
 
 

データの見えざる手: ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則

 
 
たぶん 僕の中で 今年一番のビジネス書だとおもうけど データの見えざる手 の解説 第2回のその1だね。
 
と、いいつつ 解説の続編は、まだ話していないけど もちろん続きはアップしていきますよ。
 
 
 
これも 第3位のエントリーと同じで データ関連なんだけど ハピネス(幸せ)は測ることができる っていうのが 革命的だよね。
 
 
よくいわれる 「ポジティブでいこう」みたいな話って 「なるほど、で なんで? その証拠は?」っておもうので イマイチ信用できなかったりするよね。
 
 
でも 「こういうデータがあります」 っていわれると 俄然信用が増すよね。
 
 
このエントリーは Twitterにも上げたんだけど それで この本を書いた 矢野和男さんから リプライもいただきましたよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今月1日で 10周年でしたが それについてのエントリーが 今月の1位でしたよ。
 
 
ご祝儀アクセスなんですかね? そんなことないか(笑)
 
 
過去を ちょっと振り返ったり 今後どうやっていくか? って 話してますけど まぁ僕はわりと 計画的にものごとをすすめるほうなので だいたいこのとおりになるんじゃないかとおもうな。
 
 
 
僕自身は、じわじわ変化して いつのまにか大きく変わっていた みたいな感じが理想です。
 
 
 
 
 
 
 
さて 明日は 重大!? 発表があるので お楽しみに!
 
 
 
 
 
いつものように ももクロ画像で!
 
Orig
 
 
では また 次回!
 
 

2014年9月30日 (火)

2014年 9月の人気エントリー

あっというまに なんだか秋めいてきましたね。

 
 
明日からは 衣替えだけど 沖縄は 来月です。
 
 
でも 11月でもぜんぜん半袖の人とかもいるし そもそも10月はまで泳げますからね。
 
 
 
 
Specialclimate1
 
 
 
 
 
さて では 今月の人気エントリーです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東大野球部コーチの元巨人桑田氏の記事が、新聞にでていたので そこからちょっとおもうところをいろいろ。
 
 
僕の結論としては 記事にでている情報だけから類推すると たぶん「東大は勝てない」っておもうんだけどどうかな?
 
 
僕の研修でよく 「名選手は名コーチになるか?」っていうディスカッションをするんだけど もちろん 名選手であっても名コーチに必ずなれるわけではない。
 
 
ただ 僕は 「名選手が名コーチになると無敵である」というかんがえの人なんだよね。
 
 
錦織圭選手の偉業と「コーチング」はあまり関係ないと思う 」ってエントリーでも話したけど マイケルチャンコーチがやった「コーチング手法」っていうのは いわゆる世間でいうところの「コーチング手法」ではなくて トレーニングだったりレクチャーだったりだとおもう。
 
 
 
おそらく それが功を奏したんだとおもうな。
 
 
基本 僕も「いわゆるコーチング」よりも ふだんは トレーニングやレクチャーあるいはインストラクションみたいな どちらかというと 
 
「僕が伝えたいことを理解してもらう」
 
ってプロセスがおおい。
 
もちろん そのプロセスの中で「いわゆるコーチング」的な手法をつかうことがほとんどだけどね。
 
 
 
うん。
 
 
 
 
ただ 桑田氏にはぜひ頑張ってもらいたいね。 オファーがあるなら協力したいぐらいだな(笑)
 
 
どうでもいけど 高校時代のもうひとりの注目選手は なんだか最近、、、 まぁ 関係ないからいいか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「リーダー対個人」と「リーダー対集団」では やり方かえないといけないんだけど 同じやり方でやる人がおおいよねって話し。
 
 
 
このエントリーでは 具体的に どれくらいの人数でやり方をかえていけないのか? ってことも 話しているね。サービスいいな、僕は(笑)
 
 
 
 
 
従業員がふえたり 会社の規模が大きくなったら やり方をかえないといけないんだけど かえない経営者とかリーダーとか とても多いんだよね。
 
 
それは たぶん 「変えないそのやり方がうまくいってきたのでここまで大きくなった」っていう成功体験があるんだよね。 これを変えるのはとても難しいよ。
 
 
実は こういうケースって 僕のとくいなコーチング分野なので 事例もいっぱいあるから そのうち少しずつ エントリーしていきますよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今月は、これが1位でしたよ!
 
 
 
 
 
Photo
 
 

データの見えざる手: ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則

 
 
 
 
 
このエントリーは 過去エントリーの 「読まなくても良書だとわかってた 「データの見えざる手 矢野和男」 」を もうちょっと詳しく話した 続編のその1。
 
もちろん 続編はまだまだ続くんだけど、こういう「証拠」があるビジネス書って 僕は好き。
 
 
たぶん このお陰で 精神論的なタイムマネジメント論 みたいなビジネス書は 恐らく数百冊単位で「間違い」が証明されたとおもう。
 
 
 
 
 
 
もちろん この本より新しいデータとか、測定基準で 否定されることはこれからもあるとおもう。
 
 
 
ただ 現時点であきらかに間違っているものを、根拠なく信じるのは なんだか人生の無駄遣いのような気がするので 僕は好きじゃない。
 
 
他にもやらないといけないことは 人生には山ほどあるからね。
 
 
あれ? なんで人生論になった?
 
 
 
 
 
 
 
この本の 「我々の活動限界は熱力学の公式によって表せる」 という第1章の話しは 知っている人と知らない人とでは 雲泥の差がでるとおもうな。
 
 
 
とにかく この本は絶対に読むべきだとおもうよ。
 
 
ブログで引き続き解説していくので 読むの苦手な人は 読みながらブログを参考にしてもらうといいとおもう。
 
 

データの見えざる手: ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則

 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて 8月も 意味なく ももクロ写真貼ったので 今月も貼ってみよう(まったく関係ない)
 
 
Orig
 
 
 
と、いうことで また次回!
 
 

2014年8月31日 (日)

2014年 8月の人気エントリー

8月も終わりですね。

 

学校もとっくにはじまってますし、以前みたいに 8月31日に 「ワニシャン状態」とかはないんでしょうね。

 

 

   

 

 
さて 8月の人気エントリーですよ。
 
 
今回は 同じ系統のエントリーが上位にきたよ。
 
 
 
 
 
 
 
マクドナルドとローソンのそれぞれ経営者の比較にについてのエントリーだね。
 
なにについて比較したか?というと 2つあるよ
 
 
1 「経営者」と「現場」との温度差をどうやってうめていくか?
 
2 大きな失態がおこらないように、どんなリスク管理をおこなっているか?
 
 
1も2も どちらも大手企業ならずとも、ある程度以上の規模になれば、かならずおこる可能性があるよね。
 
 
それを どうやって回避したのか?って話だけど 実際 しっかり、リスク管理している経営者なんてほとんどいないからね。
 
 
「リスク管理をする」っていうのは ちゃんとリストにして 保険のように、かけておくっていうのがいいんだろうね。
 
 
 
 
 
 
 
 
これも 外食業界について 「吉野家」とステーキレストラン「炉窯ステーキ煉瓦」の比較についてのエントリー。
 
 
競争が激しい外食業界で、対照的な2つの業態で、おこなわれていることについての違いについてだね。
 
 
大手企業とそうでないところとの戦略の違いがとてもあざやかにでてた事例だったので それについて話してみました。
 
 
 
 
 
時事ネタのせいか? 今月はこれが1位でしたよ。
 
「すき家は、なぜ崩壊したのか」というようなことの解説みたいなエントリーなんだけど 吉野家との違いについて比較もしているよ。
 
 
こっそり かなり重要な「指標」についても紹介しているんだけど こういうのが コーチングやっていくうえで欠かせないものなんだよね。
 
 
このエントリーの話しは 実際リアルでもよく話しをしているんだけど そこでもみんな興味深く聞いてくれるよ。
 
 
まぁ おもしろい話しはアクセスが増えるってことなんだろうね。
 
 
 
 
 
 
8月は よく知っている「企業ネタ」が 上位にきたね。
 
 
なかなか コーチングのクライアントさんの話しは守秘義務なんかで できる話しとできない話しがあるんだけど 関係ない企業ネタは話しやすいね。
 
 
 
最後に 今回さいしょのほうに ももクロの動画いれたので 写真はっとこう(まったく関係ないけど)
 
 
Orig  
 
 
と、いうことで また9月もよろしくおねがいいたします!

2014年7月31日 (木)

2014年 7月の人気エントリー

あーっというまに 7月も終わりですよ。

 
 
 
とにかく 7月は「毎日更新」が怪しかった(笑)
 
のちほどコッソリ更新したりもしてるんだけど 実はまだ更新していない日もあったりします。
 
 
でも こっそりだけどちゃんと更新はするので 発掘してみてください。
 
 
さて では 7月の人気エントリーです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨今でも 「ブラック企業」なんかが話題になっているよね
 
 
 
 
 
 
 
居酒屋 ファーストフード コンビニ などなど そのビジネスモデルのなかに 
 
「パート アルバイトをつかって 収益をあげる」
 
 
っていうのが もうあたりまえになっているよね。
 
 
それは いいんだけど 「安くつかうために 学生アルバイトをつかう」というのは 行き過ぎるのは 大きな間違いって話しのエントリーだよ。
 
 
 
学生は勉強しないといけないです。 
 
 
昔の学生は遊んでてよかったぶぶんはあるとおもう。ほおっておいても ちゃんと求人があって 会社が伸びていたから 勉強するより 会社でうまくいく「コミュニケーション技術」をみがくほうがよかった。
 
でも 今の学生は 社会経験するのも大事だけど ちゃんと勉強して 実力つけることが大事。
 
 
それが 学生本人だけじゃなくて まわりまわって世の中をよくすることになるので みんなで支援しないといけないよね。
 
コーチング、、、ということではないけど わりと真面目なエントリーが3位でしたよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おおっ! ついに コーチング関連のエントリーがランクイン!、、、のふりして 実は NPO法人 エンカレッジ  の 成果発表会で 気づいたことを話したエントリーですよ。
 
 
 
実は このエントリーかなりアクセスあるんだけど なぜかな?
 
 
 
ここで 僕が話しているのは 
 
「よい質問っていうのは 独立しているのではなくて 誰がいうのか? どんな場面でいうのか? その前後でどんな話しをしていたのか? とか 流れのなかで 良質な質問っていうのができる」
 
 
っていうことを あらためて気づいたよってことなんだけどね。
 
 
 
「質問力」とか「コーチング力」って それ単体で存在しているんじゃなくて いろんな状況からでてくるものだよね。
 
 
だから 質問スキルとかあるけど それだけ磨いてもあるレベル以上にはいかないよね。
 
 
同じように いろんなシチュエーションや その人との関係性のなかで 本質的な質問ができることがあるので その人自身の実力って勘違いしないほうがいい。
 
 
1年に1回くらいしか会わないとても偉い上司から 「君はとても期待できるね」っていわれたら なんだか嬉しいけど その上司のポジションからいわれるので 嬉しいってことだよね。
 
 
よくかんがえたら オッサンから 筋違いのことで褒められただけっておもっても 真実ではあるね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なんと 実は ぶっちぎりで このエントリーが1位でしたよ。
 
 
 
これ 29日の更新なので わりと最近なのでアクセス数としては 他のエントリーとくらべると 不利なんだけど 1位になってしまいましたよ。
 
 
 
わりと 身の上話っぽい話しではあるけど まだまだ話せる材料がいっぱい散りばめられてるエントリーなんだよね。
 
 
たとえば 本文中の
 
 
お客さんのことを 最優先にすると 本当に業績ってあがるんだよね(今となっては あたりまえのことのようにおもえるけど)」
 

って話とか ものすごくあたりまえのことにおもえるよね。 

 
 
 
 
でも 今の仕事をやってて わかったんだけど 実は相当ちゃんとした会社にいる人でも
 

 「本当にお客さんを最優先にするって こういうことなんだ!」 
 
 
って 体験していない人が びっくりするぐらいおおいんだよね。
 

 
 
 
体験していないので 頭でしか理解していない。 だから 社員だったり部下とか後輩に 
 
 
「お客さんを 最優先にする」
 
ってことが 具体的にどうしたらいいか? ってつたえられないんだよね。
 
 
 
まぁ そのうち またその話もエントリーしたいとおもうよ。
 
 
 
 
 
 
8月も 毎日更新やりますので どうぞ たちよってください。
 
 
ついでに コメントももらえると嬉しいです。
 
 
では また次回!
 
 

2014年6月30日 (月)

2014年 6月の人気エントリー

6月も今日でおしまいでございますよ~

 
 
今月もかなり怪しい 「毎日更新」 だったけど とにかく半年やりましたね。 
 
5月の人気エントリー でも 話したけど コーチング関連のエントリーは あんまり人気がありません!(笑)
 
 
たしかに コーチング関連の、、、なんというか、、、知識? みたいな話のブログとか 僕も読まないしね。
 
 
なので ちょっと 意識的に減らしたんだけど そうすると かなり評判よくなりましたよ。
 
5月までとくらべて すこしだけ方向性が見えはじめてるので、まだまだ 「毎日更新」 は続けていきますね。
 
 
では 6月の人気エントリーです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちょっと話題になってた 子供に「何で勉強するの?」と聞かれたら、どう答えますか? っていうサイトがあったので それについての「反論」
 
 
「学校の勉強が、世の中にでて さほど役に立たない」という 昔からいわれている ある種の都市伝説的なかんがえは そろそろ捨てたほうがいい。
 
 
僕のエントリーでも話したけど 
 
 
1 「今 勉強していること そのものが 直接 世の中で役に立つ」
 
 
2 「勉強する理由は、自分のためでなく 世の中に貢献するためである」
 
 
の2点は 絶対に理解しておきたいポイントだとおもう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もちろん 2位もコーチング関連のエントリーではありません!(笑)
 
 
 
 
田辺監督代行になって さっそく西武ライオンズの勢いが 盛り返してきましたね。
 
 
たぶん 伊原元監督はとても理想をもってるいい人なんだとおもうよ。
 
 
だから 「オレの言ってることが理解できれば オマエは必ず凄くうまくいくぞ!」ってことを 伝えたかったんだとおもう。
 
 
そして それは恐らく正しいことなんだろうね。
 
 
でも そういうマネージメントはもはや通用しないですよ。
 
 
このことも また別の機会に詳しくはなしたいんだけど 世の中で何かで困っている人は 「有効なアドバイス」を求めているのではなくて 「納得する方法」を求めているんだよね。
 
だから そこで 「有効な方法はこれだ! やれ!」とか いっても聞くわけないよ。
 
 
 
 
 
 
野村監督なんかでも 「こうしろ!」みたいなスタイルではなくて 「こういうことが わかってくれんかねぇ」という あくまで選手主体のコーチングスタイルだよね。
 
 
プロ野球では やはり 落合元監督(現 中日GM)が抜群で こっちのエントリーも読んでみて → 最強のコーチング本はこれだ!「采配」落合博満
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なに? ついに トチ狂って 「インドでキャバクラはじめたのか?」とおもった人がいた、、、わけはないけど 一瞬思った人もいたのかしらん。
 
 
 
単なる WEBマンガの紹介なんだけど なんとアクセスNO1でございました。
いまも どんどん更新されているので ぜひみてください。 面白いですよ~
 
 
 
個人的には 僕はあんまりキャバクラとかいきませんけど(ということは 少しはいく?) 最近なんとなく スナックとかキャバクラとかにいく オッサンたちの気持ちがわかってきたよ。
 
 
 
と、いうか そういう「ビジネス」って その成り立ちとか今注目されつつあるよね。
 
 
要するに 「多くのお客さんが わんさかくるわけではないけど ぼちぼちの常連さんにとって 居心地よければ なんとかお店が回っていく」 っていうのは まっとうなビジネスだよね。
 
 
、、、とか 小難しいはなしは どうでもよくて どうぞWEBマンガ楽しんでみてください。
 
 
 
 
 
 
 
さてさて という6月でしたが 7月も毎日更新するので ぜひ立ち寄ってくださいね。
では また次回!
 

 

2014年5月31日 (土)

2014年 5月の人気エントリー

さて 5月も 毎日更新やってきましたよ。 

 
 
5ヶ月連続、、、ですね。 150以上エントリーあげてきたわけだけど まだカンどころというか、自分のスタイルというか 「これだ!」ってかんじは つかめていないですね。
 
 
まだまだ 試行錯誤なんですけど 続けていきますね。
 
 
では、今月の人気エントリーです。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コーチングとは関係ない、ネタ系ですね。 
 
 
4月の速報値とか入ってきてるけど、観光関連は絶好調だし、今後も沖縄観光って好調だとおもわれてるよね。
 
 
実際、僕も 本土の人がきたときにつれていきたいところとか、お店もふえてるきがする。
 
 
だから ぜひ体力というか地力をつけてほしいですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
これも また コーチングと関係ない ネタ系ですね。 
 
 
本職のはなしは、あんまりウケない、、、悲しい、、、頑張ります。
 
 
 
「どうして投資をするんだろう?」は ほぼ日刊イトイ新聞のコラムですね
 
 
 
すごくおもしろい記事(ほぼ日のほうね)だったので、毎日楽しみに見てたんだけど とくに印象にのこったのが 日本人の学生の経済知識のまちがえかただね。
 
 
間違えるにしても 「それはないだろう」っていうのがなかなか印象的だった。 
 
 
投資論というよりも 仕事論みたいな話しがおもしろかったな。
 
 
 
 
 
 
 
 
なーーーーんと! またもや コーチングと関係ない ネタ系!
 
 
いや、コーチング系のエントリーは やっぱりあんまりおもしろくないのかな。 
 
 
たぶん なんらかのアレンジというか 切り口が必要なんだろうな。 はーー
 
 
 
 
 
気をとりなおして、このエントリーは マンガ「グラゼニ」の凡田夏之介が、メジャー挑戦しているストーリーのなかの話しだよ。
 
 
 
指導者というか、コーチというか、マネージャーや管理職の立場で、精神論で話しするのは 大きな問題があるとおもう。
 
 
いや プレイヤーとして キャプテンとしてなら 鼓舞するのもアリかもしれない。 
 
 
だけど そこに「逃げたら」致命的だとおもうよ。 
 
 
マネージャーや管理職は プレイヤーが困ったときにそれを解決することが仕事であって 「あなたは 今困った状態にいますね」とおしえることが、仕事ではない (BY 僕)
 
 
 
 
 
 
 
 
と、いう 5月でした。 
 
 
ちょっと いろいろかんがえないといけない5月ですが おもしろいものにしていきますね。 
 
 
 
では!
 
 

2014年4月30日 (水)

2014年 4月の人気エントリー

 さて 恒例の人気エントリー紹介ですよ。 

 
 
一応 今月も毎日更新しました、、、かなり怪しい日もあるけど、、、スミマセン!
 
 
 
最近は、おんなじテーマで何日かエントリーをつづけていますね。 
 
 
なんとなく そうなってしまったので またなんとなく変化するかもしれません。 
 
 
さて では 今月の人気エントリーです。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「意欲」について話したエントリーですね。 
 
 
やる気になったから行動がおこる、、、んじゃなくて 行動をするから やる気がおこるっていう話し。
 
 
たぶん、これからも いろんな角度から コレ系の話しをするとおもうけど 「意欲」ってKEYWORDは たくさんの人が関心あるんだね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小保方さんの記者会見で 気になったので。 
 
 
なんだか ずいぶん昔のようにおもえるけど 4月のことだったんだね。 
 
 
「PowerPointがなんのことやら、わからん」とか、そんな話しとかあったよね。
 
 
実際 そっちのほうが 僕は興味深くて、、、いや 頭痛くて。
 
 
 
いまだに 「各支店にFAX流しといて」とか そういう人いるからね。 
 
 
 
「メールがね、、、僕は印刷してもらうんですよ」 
 
って 経営者しってますけど こういうのは 凄いですね。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このエントリーが 第1位でしたよ。 
 
 
なにせ ノートそのものの写真も映像もなにもないので 単に解説しただけなんだけどね(笑)
 
 
 
「書く」っていうことで 仕事が停滞している人が 次々に浮上してくるっていうのを 僕も何度もみてるので 納得のノートだね。
 
 
 
 
ぜひ もっと活躍してほしいね。 
 
 
 
 
 
 
 
 
4月はこんな感じでしたよ。 
 
 
 
今月も、イマイチ本業のエントリーではなくて 関連エントリーが1位ですね。 
 
 
本業のほうも 頑張ります(笑) 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

2014年3月31日 (月)

2014年 3月の人気エントリー

 さて かなり反則気味の日もあったんだけど 一応3月も毎日更新できましたよ。 

 
 
当初は 「3ヶ月くらいつづけると、ペースがつかめるかな?」とか おもってたんだけど、、、うーん、、、あんまりつかめてないなぁ。 
 
 
 
まぁ 当面は毎日更新をつづけるので、はやくペースをつかんでいきたいとおもいますね。 
 
 
 
さて 3月の人気エントリーですよ。  
 
 
 
 
 
 
 
 
統計がでてたので それについてのコメント、エントリー。 
 
 
僕は 「沖縄の人は~」とか 「沖縄では~」っていうのを 安易にふりまわすのは大嫌い。 
 
 
昭和のオッサンが 「そもそも日本人は~」「だから日本はだめなんだ」とかいうのと 同じ嫌悪感がするんだよね。 
 
 
 
だから できるだけ統計にあたるようにしてるんだよね。 
 
このエントリーは研修の準備で、あたっていて それでちょっとコメントしてみたやつだね。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このエントリーも、研修準備中にしらべていた資料からのピックアップだね。 
 
 
経産省の「社会人基礎力」って言葉は 最近ひとりあるきしすぎみたいな気がするけど、まぁとっつきやすそうなフレーズだよね、「社会人基礎力」って。 
 
 
もっとも この「社会人基礎力」って求められるものではあるけど これを満たしている人がよい?社会人?かというと…… ちがうきもするね。 
 
 
このエントリーでは 「社会人基礎力」をみにつけるやり方について話しているよ。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
僕のブログのテーマは、一応 コーチング的なことを中心にはなしているつもりなんだけど だいたい 人気エントリーは 違うテーマですな。  
 
 
 
マンガは、あんまり読まないんだけど……そうでもないか…  
 
 
「ナチュン」おもしろいよ。 
 
 
キンドルだけど おすすめですね。
 
 
そろそろ ビジネス系の本の紹介もしたいけど…  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 3月は こんなかんじでしたよ。 
 
 
 
本業関連のエントリーで 来月は1位とりたいね。 
 
 
ムリっぽいけど(笑)
 
 
 

 
 
 

2014年2月28日 (金)

2014年 2月の人気エントリー

 毎日ブログ更新宣言して、2月もなんとか毎日更新できましたよ。

 
実は かなり怪しい日もあったんだけど なんとか毎日できて ちょっと達成感あるね。 
 
あんまり エントリーの「貯金」はしてないので おおむね その日に書いているんだけど たぶん その日に書くっていうのは続けるとおもうな。
 
 
 
 
と、いうことで 2月のアクセス数 BEST3を紹介してみるね。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実際にあった話で 偉そうにした、おっさん社長が僕に「問答」をしかけてきたときの話をもとにしたエントリー。 
 
 
プロ野球の年俸とかでも、その年の働きに応じて報酬が決まるようにみえるけど あれは 「来年もこれぐらいやってくれるだろう」ってことで 期待報酬だよね。 
 
 
これは モチベーションっていうのは 基本的に「期待」によって動かされるって話をベースにしてるんだけど その話はまた別の機会にしたいとおもう。 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
おきなわマラソンの「後編」が人気2位でしたよ。 
 
 
実は 「前編」とあわせると 圧倒的に1位なんだけど 2つにわけたので2位になったんだとおもうな。 
 
 
 
今シーズンのマラソンは、僕はもう走らないとおもうけど エントリーした大会は、それぞれ楽しく走れましたよ。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 なんだ 結局マラソンとかのエントリーが人気なのね。 
 
 
 
たぶん 走った人とか、応援した人とかが 見にくるのかな? 
 
 
こういう記事は ただあったことを書いているだけなので、あんまり手間はかからないね。 
 
 
むしろ、結構うなって苦労してあげたエントリーがそれほど読まれていないってこともあるので なんとも…… 
 
 
 
 
 
 
 
2月は、こんな結果でしたよ。  
 
 
 
 
毎日書いているので、同じような内容だったり 続きモノもあるかもしれないけど 違う視点でかいていくので よかったら見にきてくださいね。  
 
 
 
 
では! 
 
 
 
 

 
 
 

2014年1月31日 (金)

2014年 1月の人気エントリー

さて、「 毎日ブログ更新します 」といって なんとか1月は毎日更新できましたよ。  

 
 
正直、まだペースがつかめないんだけど なんとなく 
 
「 ブログ書くためにノートPC買おうかな 」  
 
とか 怪しいことかんがえたりしてるよ。 
 
 
 
僕が書きたいことと、実際に読まれるエントリーとの乖離がなかなかに面白くて 「こういうことに興味がある人が多いのだな」っていうのも ちょっとみえてきたぶぶんもあるな。 
 
 
 
 
と、いうことで 1月のアクセス数 BEST3を紹介してみるね。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これは Twitterから引用したけど、僕がはじめてみたのは Tumblrでながれてきたものをみたんだけど そこでのニュアンスは 
 
「殺人犯に共通点はいろいろとさがしたけれども、けっきょくみつからなかった。しかし 1つだけ共通点をあげるとすれば 「がさつ」 ということでした」
 
ってことで 出自とか、職業とか、年齢とか、そういうのに共通点はないっていうのが 強調されてた。
 
 
だから 「がさつ」 っていうのが 余計に怖さをかんじるフレーズになっているんだろうね。 
 
 
「ルーズさ」はいろんなことの原因なんでしょうね。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なんだか お正月やすみの箱根駅伝なんて 去年のことみたいにかんじるなぁ。
 
 
 
「クイックサービス」の重要性について書いていますね。 
 
 
これは 僕自身もコーチングするときに、とても気をつけてみている指標ですよ。 
 
 
仕事って 「速くやろう」とすることで上達するっていうのを 僕は信じています。
 
 
 
単純に速くすればいいって問題じゃないところがミソなんだけどね。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これが 1番読まれていましたね。
 
 
 
 
よく会社で 「~を管理する仕事をしています」とかいったりする人いるんだけど それ「管理」って名前つかわないで 説明できるんだろうか?
 
 
 
仕事って 要するに できないことを できるようにすることで それなりのギャラ(給料)をとれるわけだよね。 
 
 
 
労務にたいして支払われるというのであれば それは時給換算なわけで 「こんなにたくさん働いているのに」 「こんなに頑張っているのに」っていうのは ちょっと違うかもね。 
 
 
 
「これはできませんね」っていうのが専門家の仕事じゃなくて、「こうすると できるはずだ」という話をしましょうってことですね。  
 
 
 
 
 
 
 
 
と、1月ふりかえってみたんだけど やっぱり、もうちょっと文章のクオリティをあげていきますね。