2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« ドン臭い人 | トップページ | 新人を採用するポイント »

2014年10月28日 (火)

「近所の人があなたの買ったものを届けてくれます」「えー嫌だ!」

居酒屋なんかで よくいくお店とか、知りあいのお店とかだと お店の人が忙しいときなんか 他のお客さんの皿をちょいと隣までわたしてあげたり なんてことはあるよね。

 
 
お客さんなんだけど 手間でもないので すこしぐらいならかまわないよって感じだよね。
 
 
だけどね。
 
 
これは 凄いよ!
 
 
 
 
 
 
 
B9a2ce573e3e1eb359ef247276a060ec
 
 
 
 

あなたはスマホからスーパーマーケットに注文を出す。今日は、ひき肉とコーラ、卵にキャベツと、それにビスケットにアイスクリーム。そしていくつかの冷凍食品だ。しかし、これから注文すると配送までに6時間ほどかかりそうだ。これでは夕食には間に合いそうにない。するとあなたは奇妙なボタンを発見する。「慈悲深き隣人」。あなたはそれをクリックした。

 数分後、あなたは隣に住む魅惑的な女性の訪問を受ける。「今日は何料理? どうでもいいけど、コーラはせめてダイエットにしといたほうがいいわよ」。女性はウィンクしながら、あなたが注文した食品を手渡してくれた。「なぜ、私が注文したことを知っているんですか?」。「たまたまタイミングが合ったから、運んであげようと思ったの」。あなたは、この女性と初めて話したものの、振り向きざまの香水の匂いが印象に残った。

 あなたは次にスマホから女性アーティストのCDを注文する。いまさらCDを買う必要はないのだが、限定版に特典としてついてくるDVDをどうしても手に入れたかったのだ。しかもDVDにはライブのチケットが当たる抽選券も同封されている。またしても、あなたは「慈悲深き隣人」のボタンを発見する。誘惑に抗えず、ふたたびあなたはそれをクリックする。

 待つこと20分後、あなたは若い男性の訪問を受ける。どこかこの男に見覚えがある。そうか、よくすれ違う2区画先の住民ではないか。いつも暗い顔をしている、あの男だ。しかし、あなたが見ている彼は、全く別表情だった。「ワオ! あのポスターって昨年のライブで買ったのか?」。あなたは驚き背後を確認すると、注文した女性アーティストのポスターが貼ってある。「ああ、しかもあれはシークレットライブのときの…」、あなたがそう答えると男は喜びを隠さずにはいられない。「あのときのライブは最高だったよ」。そういって、男はCDを差し出す。「はい、これ。4曲目が最高だ」。あなたはお礼を述べる。「また情報交換しよう」、男はそういってドアを閉めた。

 きっと次から街を歩くときには、風景が変わっているだろうな、とあなたは思った。なぜなら、ネットで注文すると、なんと近くの住民たちが運んでくれるのだ。同じ趣味の仲間もいたし、もしかすると恋も…。あなたは商品を見て思案にふけった。

 どこか小説風ではあるものの、これは笑い話ではない。アメリカの流通で実際に検討されている内容だ。これからは配送業者ではなく、消費者そのものを利用しようとしているのだ。

 簡単に想定されるケースを説明しよう。お客が店舗に向かう。商品を見ると2重価格になっている。そこには、例えば通常価格は10ドル、一方でラストワンマイル配送(あるいはラストマイル配送)ならば9ドルと書かれている。後者を選べば、1ドル安価に買える。その代わりに、あなたは隣人が注文したものを手に取り、買い物の帰りに隣人に届ける義務を負う

(※ 日経ビジネスオンラインより)

     
 
 
 
これは恐ろしい!!
 
 
 
なんと そのお店のお客さんが 「ついでに近所の人に届けてくれたら 1割引き」とかになるってことだね。
 
 
 
 
Amazonとかだったら、何でもかんでも箱に入ってるので 中身がわからないから まだいいけど ふつうのネットショップとか 楽天とかで 買い物したら 届けてくれる人が
 
 
「けっ! なんか美味そうなもの お取り寄せしやがって!」
 
 
とか
 
 
「こんな ブランドをポンポン買うんだねぇ…」
 
 
 
みたいに おもわれて しかも住所も名前もわかってしまうってどうなのよ?
 
 
(※ ちなみに 僕は美味そうなお取り寄せも、ブランド品にも縁がありませんので…)
 
 
 
まぁ 実際は クラウドソーシングをつかう ということみたいなので シロウトの人が届けるってわけじゃなくて 街の運送屋さんとか、引越しやさんとか、あるいはピザの配達なんかの人が ついでに荷物を載せたり あいてる時にアルバイト的にやったりみたいな感じらしい。
 
 
 
 
 
 
タクシーなんかいいかもね。
 
 
 
 
 
ただ流してるんじゃなくて 一応配達してて 途中でお客さんくれば乗せて運んで また配達に戻って、、、みたいな。
 
 
法律の問題とかあるんだけど そういうのクリアすれば タクシーだったら 会社だったりするから 責任の所在がはっきりするから そんなに怖くないよね タクシー自宅までよぶひともいるしね。
 
 
 
Rogo
 
 
 
 
ただ 「お客さんに協力してもらう」ことで かえってお客さんのメリットになることって かんがえてみれば結構あるよね。
 
 
 
たとえば セルフサービスとか。
 
 
レストランなんかのセルフサービスは、あんまり待たなくてすんだり 価格がやすかったり 小売店では 店員さん気を使わず 自分のペースで買い物ができる… のような むしろ フルサービスより セルフサービスのほうがいいってケースもあるよね。
 
 
 
 
 
 
 
そういうことかんがえると 果たして 
 
「お客さんに協力してもらって 届ける」
 
 
ってのは 届ける人は割引になったりするけど 届けられるほうは 何かメリットがあるのかな?
 
 
届けられる人にも 割引あるとか なにかメリットないと 理解はえられないかもしれないね。
 
 
 
これは 逆に言うと お客さんにとって 大きなメリットがあるなら いままで 当然のようにやっていた慣習のような コストのかかるサービスは やめることができるかもね。
 
 
 
実際 「立ち飲み」とか いまはオシャレな店もふえているし 美味しくて価格が安いってなれば イスはいらない とかね。
 
コンビニなんかも 日用品をいわゆる定価にちかい値段で売ってても 便利であれば ちゃんと売れるしね。
 
 
 
 
E383a1e383aae38383e3838820e382b7e38
 
 
結局 お客さんのメリットが何かってことなんだろうね。
 
 
 
と、いうことで また次回!
 
 

« ドン臭い人 | トップページ | 新人を採用するポイント »

コーチング セールスコーチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/57814649

この記事へのトラックバック一覧です: 「近所の人があなたの買ったものを届けてくれます」「えー嫌だ!」:

« ドン臭い人 | トップページ | 新人を採用するポイント »