2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« スポーツ選手の言葉 | トップページ | ハピネスを測る「幸せになる方法」 「データの見えざる手」続編その2-1 »

2014年10月 3日 (金)

過去を超える

先日のことなんだけど クライアントさんとした話しが、興味深かったので 許可もらったのでちょっとお話しますね。

 
 
 
 
 
 
だいたいその業界に入って10年位のキャリアの人だったんだけど 上司のいうことに納得がいかないって話し。
 
 
よくある話しだな、、、っておもいながら聞いていたんだけど ちょっといつもとはちがった結論になったんだよね。
 
 
 
 
 
 
 
上司は、もともと 今いる自分のポジションにいた人で、今年から異動になって、ひさしぶりにいっしょに上司、部下の関係で働きはじめた。
 
 
 
しばらくは 知っている間柄だったので、仕事がしやすかったんだけど だんだん上司のいうことに納得がいかないことがおおくなってきた。
 
 
 
 
 
「言ってることは正論だとはおもうんですけど、それをやってどんな意味があるのか、よくわからないことがおおくて、指示される仕事に納得がいかないんですよね」
 
 
 
僕は、「納得いかない感じを、もう少し詳しく話してくれませんか?」ってきいてみた。
 
 
 
そうすると、
 
 
「いまの自分っていうのは、正直 上司が自分のポジションにいたときよりも、うまくやれているとおもうんですよね。実際、そういわれますしね。なので、上司ではあるけど、いまの自分よりスキルが低いって人に、指示されるのは 納得がいかないんですよね」
 
 
って話しだった。
 
 
 
僕は 「じゃ そういう話しをしたらどうですかね?」とか、無責任なこと言って(笑) 話しを終了したんだよね。
 
 
 
 
 
 
それで 後日 その方が上司と話しをしたってことで、話しをきいてみた。
 
 
 
 
結論としては 「ちょっと、とらえかたが変わった」ってことだった。
 
 
 
 
あなたの指示にイマイチ納得がいかない、それはあなたの現役時代より自分のほうが、うまくいってるからなんです、、、ってことを ちゃんと礼儀を守ってきいてみたらしい。
 
 
 
「それは、そのとおり。というか、時代がどんどん変化しているし、新しいモノやツールが開発されているから、今のおまえが、現役時代の俺を超えるのはあたりまえで、むしろ超えてないといけない。だから、もっと新しいものを求めて 俺も試行錯誤しているんだよ。先輩の成果をこえるのはあたりまえで、それ以上のものをつくりだそうとしている」
 
 
って話しだったらしい。
 
 
 
 
 
ずいぶんカッコいい上司だよね(笑)、、、って笑ったらダメか?
 
 
 
 
ただ ちょっとなるほどっておもったのが たしかに時代はどんどん便利になり、安価にいろんなことができやすくなってきているわけで その条件で 過去の先輩とくらべても そりゃ、先輩に分が悪いよね。
 
 
 
つまり 過去の人たちより成果だしてあたりまえ っていうのは 確かにそうだなって思ったよ。
 
 
 
 
その人も同じように そこにはたしかにそうだなって納得したみたいだけど でもだからといって不満が解消されたわけではないって話ししていたね。 で、別に僕も解決もせず、そのままっていう、よくわからない結論だったんだけど。
 
 
 
 
 
 
 
過去より 条件よくなってきてるんだから、できやすくなってる ってことは確かにあるとおもうね。
 
 
だから 自分の基準を、過去の人たちと比べるんじゃなくて やっぱり未来をみていく必要があるよね。
 
 
 
 
という話しの紹介でした。
 
 
ちょっと 教条的、正論すぎるかな?
 
 
まぁ いいか。
 
 
と、、いうことで また次回!
 
 
 

« スポーツ選手の言葉 | トップページ | ハピネスを測る「幸せになる方法」 「データの見えざる手」続編その2-1 »

コーチング モチベーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/57567051

この記事へのトラックバック一覧です: 過去を超える:

« スポーツ選手の言葉 | トップページ | ハピネスを測る「幸せになる方法」 「データの見えざる手」続編その2-1 »