2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« 「スマートノート」のすすめ | トップページ | 高血圧の原因 »

2014年10月18日 (土)

うまーかとば食わしちゃってん

まぁ 今日は軽く雑談モードでいきますね。

 
 
むかしむかし 遠い銀河の果てで、、、というわけでもないんだけど 僕がまだ 前職の外食企業で働いていたころ。
 
 
 
 
なにがあったのか忘れたけど 台風だったか? 何かの停電だったか? 地域のお祭りだったか? とにかく なんかのトラブルのような日で 当時いちばん下っ端の僕が、店番やってたときだった。
 
 
 
 
なにかがあったので ぜんぜんお客さんはこなくて、お店じたいはヒマだったんだよね。
 
 
だから 僕はわりと気楽に大学生のアルバイトとかと、しゃべりながら 
 
 
「あー今日はとまりになるかな?、、、まぁ 今日はみんなで泊まりでも いいか。ちょっと楽しみ!」
 
 
なんて お気楽なことかんがえてたとおもう( バカだな )
 
 
 
 
 
 
 
 
そこで たしか 雨の中で 珍しくおっさん、、、いや お客様がとびこんできたんだよね。
 
 
しばらく お客さんがこなくて 突然飛び込んできたので ちょっとびっくりした。
 
 
っていうか、最初は 何か近所でトラブルかなんかあって その関係者かな? っておもうくらい 唐突にあらわれたんだよね。
 
 
「、、、あ、、、えっと、、、いらっしゃいませ!」
 
 
僕の声に反応して アルバイトの子も「え?お客さん?」みたいな反応だった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「あー えーと お客さん、、、大丈夫でした?」
 
 
「いやー それがさ、、、にいちゃん、、、えらいこってさぁ、、、」
 
みたいな話で ようするに いろいろあって ここなら開いてるだろうってきたら 開いてたので よかったーーーって話。
 
 
 
あ、マジでお客さんなんだ、、、ってそのあたりで本気でおもったんだよね(笑)
 
 
 
 
で、コーヒーがあまってたので お客さんに出してさしあげた。
 
 
そしたら おっさん、、、じゃなくて お客さんが 腰をすえて話はじめてちょっと困った。
 
 
さっきクルマでとおったけどあの辺りは、今現在エラいことになってるとか、おたくなら開いてるとおもってよかったわー さすが あんた若いけどいい店長やねとか( 店長じゃないけど )とか さまざま。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
で いよいよ お客さんが
 
 
「じゃ 兄ちゃん 何頼んだらいいの? なに?  なんか うまーかとば 食わしちゃってん」
 
(※博多弁です。 美味しいのを食べさせてちょーだい!って意味です)
 
 
 
っていわれたんだよね。
 
 
 
このセリフは20年以上前だけど はっきりおぼえています。
 
 
 
Img_3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
僕は はたと困った。
 
 
 
 
 
 
 
 
あれ? このお客さんに 何もっていったらいいのかな?
 
 
どんな「うまーかとば」出しちゃったらよかとやろうか?
 
 
てか そげなもんがあるとかいな?ウチの店に、、、?
 
 
ここまで イイ感じでお客さんきとるけど がっかりさせたらいかんめーもん。
 
 
 
とか もの凄く博多弁で思考したんだけど とにかく ある商品+サービス商品をつくってもってった。お客さん少ないので余ってたんだよね。
 
結局 お客さんは商品の「味」に関しては 賛辞もなく非難もなく 「ごっそさん、、、ありがとね」的に帰っていった( はず )
 
 
 
 
 
 
 
 
 
僕は それまで あんまり考えたことなかったんだけど 商売やってるわけだから 
 
 
「これが イチオシで これをぜひお試しください!!」
 
 
っていうのがあるのはあたりまえだよね。
 
 
 
でも それまで 僕は「イチオシ」って何かよくわからなかった。
 
 
 
それは 会社としてはあったのかもしれないけど 少なくとも僕は知らなかったし いっしょにいたベテランのアルバイトの面々も困っていた。
 
 
 
 
Illnayamim1l
 
 
 
 
 
これは 後々とても僕にとって大きな経験になったんだよね。
 
 
 
僕自身が 店長になったときに意識していたんだけど 「今 ウチで売りたい商品はコレなんだ! これを お客さんにすすめて欲しい!」って、強力なメッセージをださないと そもそもスタッフは 何を売っていいのか わかってないんだよね。
 
 
 
いや これは お店だけの話じゃないよ。
 
 
たとえば あなたが 誰かに とてもいい条件で転職の話が舞いこんできたとする。
 
 
そこで 相手は聞く。
 
 
「わかりました。ところで、あなたのコレは他の人に そうそう負けませんよ ってものは何ですか?」
 
 
と聞かれたとき まってました!! とばかりに プレゼンできるものって 何だろう?
 
 
 
 
 
 
 
 
これは なかなか シビアな問いかけだよね。
 
 
 
 
 
 
 
 
「わかったから あなたの1番の自信作をもってきてくれ」
 
 
 
ってことがあったときに ちゃんとそれがだせるだろうか?
 
 
 
 
 
 
 
そして もし組織や会社だとしたら みんなが「もちろんこれです!」って口をそろせて言えるようでないといけないよね。
 
 
それを 僕はあの夜のおっさん、、、いや お客様におしえてもらいましたよ。
 
 
ずいぶん昔のことだけど 鮮明におぼえていますよ。
 
 
ありがとうございました。って今いってもつたわらないけど。
 
でも、その日が、何のトラブルだったのかは思いだせませんね。
 
 
 
 
 
 
と、いう雑談でした。
 
 
ではまた、次回!
 
 

« 「スマートノート」のすすめ | トップページ | 高血圧の原因 »

コーチング 強みを活かす」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/57728678

この記事へのトラックバック一覧です: うまーかとば食わしちゃってん:

« 「スマートノート」のすすめ | トップページ | 高血圧の原因 »