2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« 成果をだすときの2つの壁 | トップページ | 「近所の人があなたの買ったものを届けてくれます」「えー嫌だ!」 »

2014年10月27日 (月)

ドン臭い人

プロ野球のドラフトの季節になると いつもおもいだす人がいるんだよね。

 
 
それは 清原、桑田 でもなく 江川卓でもなく 野茂英雄や 田中マーくん、斎藤佑樹でもない。
 
 
 
 
元巨人軍 内野手の大森剛氏 なんだよね。
 
 
Ohmori
 
 
同じ年に、のちに巨人に入る 上宮高校の元木大介氏と 同年のドラフトになったんだけど 「どうしても 巨人にいきたい」といっていた元木氏にたいして 「高校生の元木が1位ならおもしろくない」といってたんだよね。
 
 
大森氏は当時慶応大学だったんだけど、よく知られているように巨人は「慶応閥」のカイシャなんだよね。
 
当時の監督も藤田元司さんで この人も慶応だった。
 
 
それで 大森氏が ドラフト1位指名されて その年の元木大介氏は 福岡ダイエーに1位指名されたけど 結局浪人して翌年巨人に入団したんだよね。
 
 
 
 
僕は 本当にいまでも よく覚えてるんだけど 大森氏の見せ場は意外とはやくおとずれたんだよね。
 
 
 
 
 
 
 
その年の開幕戦。
 
 
 
 
 
 
 
ヤクルト相手に 9回1打サヨナラのチャンス。
 
 
ここで 藤田監督は、代打の切り札 吉村選手!!、、、、、、ではなく 新人ドラフト1位の 大森剛選手を起用!!
 
 
これは あきらかに監督の起用が、「ここで打てばこの選手はしばらくつかえるようになるぞ」という、チャンスをあたえたものだと誰もがおもった。
 
 
 
 
もちろん ここで打てば 1面トップまちがいない!
 
 
はたして、、、?
 
 
 
 
 
 
そして!! 完璧にとらえた白球は、快音を残して そのまま 左中間へ サヨナラヒット!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
って 誰もがおもった、、、が、、、 センターの大ファインプレーに阻まれて、サヨナラならず!
 
 
 
ちなみに この打球を大ファインプレーでとったのが 現日ハム監督の栗山英樹氏です。
 
 
 
 
 
 
その時の大森氏の表情とかよくおぼえている。
 
 
 
 
 
 
 
そして そのとき僕が感じた気持ちも覚えているんだよね。
 
 
 
「あぁ たぶん この選手は大成しない。スターになる選手だったら ここで抜けている」
 
 
 
 
実際 才能の片鱗をみせたことはなんどもあったんだけど 結局選手としてはぱっとせず 今は巨人のスカウトをやっている( ちなみに スカウトとしては坂本選手の入団の後押しなど 仕事ぶりはよいみたいだね )
 
 
 
 
 
 
 
 
僕が感じたのは 「この選手ドン臭いな」って 匂いみたいなものをかんじたんだよね。
 
 
 
 
つまり この開幕のチャンスをつぶした 大森選手の「運の悪さ」みたいなものなんだよね。
 
 
チャンスをつぶしてしまうことっていうのは、誰にでもあることだよ。
 
 
 
 
でも 潰したあとの 振る舞いとか そのあとの行動なんかが ストーリーになってないんだよね。
 
 
たとえば チャンスを潰したんだから 次からは全打席フルスイングして三振して2軍に落ちるとかやると がぜんストーリーができるよね。
 
 
才能あれば たぶん 2軍でそこそこ成績あげて また1軍あがって バカスカ打ち始めるみたいな感じになると これはサクセスストーリーだよね。
 
 
たぶん 野球をみていたファンはこういうのを望んでいたはず。
 
 
 
 
 
 
でも 大森氏の雰囲気は 「ちょっと残念だったな。次がんばろう」みたいな ふつうの失敗みたいにうけとっていた表情だったんだよね。
 
 
 
だから 「あぁ この選手はスターにはなれないなぁ」って すごく感じた覚えがある。
 
 
 
なんだか 大森剛氏の話ばかりになったけど 僕が話をしたいのは こういう人の「ドン臭さ」っていうのは 自分で気づけばなんとかなるって話なんだよね。
 
 
 
 
 
 
 
こういう「ドン臭い人」って 「ここは失敗してはいけない!」ってところで ふだん失敗なんかしないのに失敗するし 「ここはさくっと、うまくいくでしょ」みたいなところで 大ゴケしたりとか まわりからみたら、
 
 
 
 
「オマエ、何やってんだよ?」
 
 
 
 
ってことがよくおこる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
僕は 以前 そういう人から 「自分、ドン臭くて イヤで どうしたらいいですか?」って 相談されたことがあるんだよね。
 
 
 
 
 
そこで 僕が話したのは
 
 
まず、自分自身がドン臭いって認識すること。
 
 
それで 「ここは、ハズしたらいかんな」というポイントは 常に予測しておく。
 
そういうとき はずさない人を観察するとか、はずさない努力って何か? なんかを真剣にかんがえて 実行しておく。
 
 
ちゃんと努力してきて 何かあった時に 自分から
 
「ここで ハズしたら 自分終わりですから」
 
と宣言しておく。
 
 
 
 
って やればいいよってアドバイスしたことがある。
 
 
 
 
 
 
 
 
そして 実際その人は、しばらくすると昇進していって 後日「あの時のアドバイスは今でも役に立ってます」って話をしてきたよ。
 
 
 
これは 「ドン臭い」って一言でいわれてるけど 要するに 
 
「あんまり よく状況とかをかんがえていなくて」
 
「おかげで そのための徹底的な準備ができていないので 肝心なところで失敗する」
 
ってことを 自分で理解して 自分で克服する必要があるんだよね。
 
 
 
 
 
 
そう。
 
 
 
 
 
なんで こんな アドバイスを僕ができたのか?
 
 
 
 
 
 
 
 
そのとおり。
 
 
 
 
 
僕自身が たぶん 今もとても「ドン臭い」から なんだよね。
 
 
 
 
 
 
 
僕はかつて 上司にそういうふうに指摘されたんだよね。
 
 
「オマエ、今回たまたま、うまくいかなかった、、、っておもってるだろ? そうじゃなくて オマエがドン臭いから失敗したんだぞ。オマエなんか、たまたま失敗するほど 能力高くないぞ。」
 
っていわれたんだよね。
 
 
 
 
 
 
 
そこで あーそうか これは失敗するべくして失敗したのか。
 
たしかに 出来る準備はもっとあったし それをやっておけば格段に失敗する可能性は減ったとおもう。
 
 
 
できることを ボーーっとして やってない人間を「ドン臭いヤツ」っていうんだなって理解した。
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに 大森氏の娘さんは なんと AKBのメンバーだそうです。
 
 
7yviyfylgopaejmzcndgvbsw68pkom1wpd2
 
大森美優ちゃんっていうそうです。(よく知りません)
 
 
 
そういえば HKTの若田部遥ちゃんも もとダイエーの投手 若田部健一氏の娘ですが 若田部氏も ドラフト1位でけっこう現役時代はアレだったような、、、
 
 
と、いうことで また次回!
 
 
 

 
 

« 成果をだすときの2つの壁 | トップページ | 「近所の人があなたの買ったものを届けてくれます」「えー嫌だ!」 »

コーチング どう活かしたら良いのか?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/57802082

この記事へのトラックバック一覧です: ドン臭い人:

« 成果をだすときの2つの壁 | トップページ | 「近所の人があなたの買ったものを届けてくれます」「えー嫌だ!」 »