2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« 少し先の未来 | トップページ | 2014年 9月の人気エントリー »

2014年9月29日 (月)

ポジティブ思考の「ここ」に気をつけるべし

今日は ちょっと短めに話しますね。

 
 
すこしまえにも話したんだけど 「ポジティブ思考で気をつけないといけないこと 」っていうエントリーで
 
 
「前向きにかんがえることではなくて、今の状態でしかできないことを最大限に活かす」
 
 
という思考にかえる必要がある。 さらに、
 
 
「だからといって、今の状態が変化するわけではない」
 
ってことを話したんだよね。
 
 
 
 
 
 
 
詳しくは エントリーみて欲しいんだけど 僕は 基本的に
 
 
「自分たちにできることをやっていこう」
 
 
って いうかんがえがあまり好きではないんだよね。
 
 
 
 
 
 
 
表現だから いろんな意味にもとれるけど たとえば 「ふたりで1万円の予算で夕食を最大限楽しむにはどうしたらいいのか?」ってとき。
 
 
これだと 高級レストランにはいけないよね。
 
 
じゃ、食材なら なんとかなるから 自分たちでつくって ディナーを楽しもう、、、っていうのも わるくないんだけど これは僕はあんまり好きな思考ではないんだよね。
 
 
 
 
ふたりで 1万円なら たとえば 屋台で食べたいものを好きなだけたべる みたいにすると 屋台でふたりで すきなだけつかっても1万円以上になるのは なかなか難しいよね。
 
 
 
つまり 予算1万円のなかで 「高級レストランの食事を楽しむには?」 という問いかけが 「レストランは無理だけど 食材かってきて自分でつくる」 に変化しているんだよね。
 
 
一方で 屋台なら 1万円が上限で 10万円持っている人も 1万円持っている人も 同じように 「最高レベルの食事」ができる。
 
 
 
 
 
 
 
僕が言ってる ポジティブ思考っていうのは 「1万円あったら それが上限の食事処へいこう」っていう意味で 「1万円のなかで できるだけ 高級レストランの雰囲気を味わおう」 ということではないんだよね。
 
 
 
 
 
 
 
だから 何か制約条件があったときに
 
 
「それが 最高になるものは何か?」 
 
 
「それだけで 完全に成立することは何か?」
 
 
みたいな 問いかけをすると 「1万円で屋台」みたいな 思考がでてくるとおもう。
 
 
 
 
 
 
 
 
これは どちらが良いというわけではないんだけど なんとなく ポジティブ思考とは 「高級レストランは無理でも 自分たちでつくれるならそうしよう」 というもの「だけ」 しかあがってこないので ときどき窮屈なおもいになることがある。
 
 
 
「自分たちでできることは何か?」 という思考には ちょっとだけ 落とし穴があって 「自分たちでできること ”だけ” しか思いつかない」ってケースがあるので ちょっと 注意が必要だね。
 
 
と、いうことで また次回!
   

« 少し先の未来 | トップページ | 2014年 9月の人気エントリー »

コーチング 質問」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/57528148

この記事へのトラックバック一覧です: ポジティブ思考の「ここ」に気をつけるべし:

« 少し先の未来 | トップページ | 2014年 9月の人気エントリー »