2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« 学習と教育についてのメモ | トップページ | ポジティブ思考の「ここ」に気をつけるべし »

2014年9月28日 (日)

少し先の未来

世の中があっというまに「人手不足」になって しばらくたちますね。

 
 
しかし 一方で 「就活」とかで 大変な人もいるし どうなんでしょうかね?
 
 
 
 
 
 
 

:政府が成長産業を見つけられないのと同じで、個人が将来必要とされる技術や知識を見極めるのは非常に難しいんです。そんなことができる人は、自分で起業してどんどんお金を稼いでいるはずなので、そもそも「失業」なんて問題にしていません。

では、「将来必要とされる技術や知識を見極められない」という人はどうすればいいのか。私が何より重要だと思っているのは、何が起きても対応できるような「土壌」を作ることなんです。もう少し踏み込んで言えば、「自分で課題を見つけて、それを解決していく習慣」を身につけるということです。当たり前のようでいて、サラリーマン生活にどっぷり浸かっていると、これができなくなるんです。日々のルーチンワークと「上司から降ってきた仕事」をこなすばかりで、「自分で仕事を見つける」ことができなくなる。この「サラリーマン根性」を捨てることが、もっとも有効な失業対策だと私は考えていますね。

西田:それは就職活動の頃から誰しも肝に銘じておかなければいけないことですよね。キャリアセンターには、毎日のように「自分に合う会社ってどこかありますか?」「自分に合う仕事って何なんですかね?」と相談にくる学生がいるわけですが、そんなものは「無い」に決まっています。そもそも、問題意識もなく、「自分に合う仕事」をくれる会社を目指している時点で、会社に入る前から「サラリーマン根性」に染まっている。そこが出発点だと、横並びのエントリーシートになってしまうのも当然です。そうではなくて、自分で、あるいは、その会社の中で「自分のやりたい仕事を作っていく」と。

       
 
(※ 引用終わり プレタポルテBY夜間飛行 より)
 
 
 
 
 
この問題 たしかに 個人で「将来必要とされる技術や知識は何か?」なんてよくわからないよね。
 
 
 
だから 有名大学とか英語とか資格とか そういうものに学生とか集中するんだろうね。とりあえず 間違いなさそうにおもえるからね。
 
 
 
「自分で課題を見つけて、それを解決していく習慣を身につけること」
 
 
っていうのは たしかにそうなんだけど それはなかなか難しいよね。
 
 
ただ ちょっと かんたんな コツみたいなものってあるんだよね。
 
 
 
 
それは 
 
 
「少し先の未来とか 1つ2つ上のポジションを見据えて過ごすこと」
 
 
なんだよね。
 
 
 
 
 
 
かんたんにいうと、今自分が大学生だとしたら 身分は学生でも実際に会社で働いてみる、会社員だったら 「もし自分が部長になったら」とか「自分が役員になったら」とか「新規事業の社長になったら」とか 意識して シュミレーションしておく。
 
 
どういう仕事をするのか? うまくいってるお手本は誰か? 
 
 
とか そういうのを見据えて 仕事をすると 「自分にとって何が必要なのか?」がちょっと見えてくるんだよね。
 
 
ただ 学生が「インターン」みたいな 学生として働く みたいなことやっても あんまり身にならないかもしれないね。
 
 
むしろ アルバイトとかちゃんと報酬をもらったほうがいいよね。
 
 
歩合給とかなら もっといいけど ヘタすると法律違反とかになるから まぁ交渉だね。
 
 
 
 
僕が 採用担当の人とかと話ししてみて よくわかったのが 要するに 採用者に対して 物語をもとめているんだね。
 
 
「学生時代に、こういう経験がきっかけで これを体験するようになったので この仕事をしたいとおもった」
 
みたいな綺麗なストーリーがあって それに合致する資格やら経験が多少あって みたいな人はきわめて 採用されやすいね。
 
 
でも そもそもその会社で働いている人たちでさえ、そんな綺麗な動機で入社したわけじゃなかったりしているしね。
 
 
 
 
 
 
 
このストーリーって 本当に自分で つくったほうがいいとおもうよ。
 
 
で、さっき話ししたように このストーリーの現在のすこし先も、ちゃんと自分でつくっておく。
 
 
それが けっきょく 「自分で課題をみつけて それを解決していく」ってことになるんじゃないかな?
 
 
 
 
ところで 「政府が成長戦略をみつけきれない」ってのも 要するに 政府も少し先の未来をちゃんと描けていないってことなのかもしれないね。
 
 
 
ということで また次回!
 
 

 
 

« 学習と教育についてのメモ | トップページ | ポジティブ思考の「ここ」に気をつけるべし »

コーチング キャリア・マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/57519124

この記事へのトラックバック一覧です: 少し先の未来:

« 学習と教育についてのメモ | トップページ | ポジティブ思考の「ここ」に気をつけるべし »