2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« 働かないおじさん問題、、、とは関係ない話 | トップページ | 別に800円くらいなら、安いとおもう 「人生確率論のススメ 勝間和代」 »

2014年9月17日 (水)

うまくいく人の条件

うまくいく人とうまくいかない人の差って なんなんだろう?


僕は以前から 「うまくいく経営者とうまくいかない経営者の違い」って見てきたんだけど それはものすごくシンプルにいうことができる。


それは、


「うまくいく人はうまくいくことをやっているので うまくいくし うまくいかない人は うまくいかないことをやっているので うまくいかない」


っていうものなんだよね。


個人的成功みたいなものは、ちょっと僕からは見えにくい。


なぜなら その人が学生時代どうしていたか?とか 親との本質的な関係はどうか? みたいな ものがよくわからないので 豊かに暮らしているようであっても 何かの問題を抱えているってケースもあるからだとおもう。

でも 経営者として、、、に限定すると わりとシンプルに見えるんだよね。



そして おそらく これは 「仕事がうまくいく人かいかない人か」でも 置き換えられるんじゃないかな。





この、「うまくいく人はうまくいくことをやる」っていうのは やることはとても簡単なんだよね。




経営者として うまくいくことってどういうことか? というと



自社のことを知るために定期的に現場にでたり 商品知識を強化したりして 自社の勉強をしている

財務について 必要な知識をもち 優秀なブレーンがいる

経営計画を自分や役員などと立てて それを日々スタッフに伝えている

法令を守るだけでなく 倫理的な正しさを求め スタッフにも要求している

人材育成に積極的である

世の中の情勢や情報などをあつめる手段をもっている


何か問題があるような人間関係をつくらないような規範を自分なりにもっている

、、、などなど なんだけどね。


こんなの 特にむつかしいことではないよね。


ただ すべてっていうと ちょっと大変だよね。


だからこそ これらができてくると大きなアドバンテージになるんだとおもう。



全部は無理だけど どれから手をつけるのか?


そう、そうなると 優先順位だよね。


僕の知っている うまくいく経営者の人は こういうのが抜群にうまい。


いつもそういうのに びっくりするんだけど それは 特別なことではなくて 「うまくいくことをやること」が 習慣になっているんだろうね。


もし 今 自分の仕事をうまくいかせたい とおもっているなら 「こういう人がうまくいくんじゃないかな?」って人の仮説の行動と 自分の実際の行動とを比較すればいいかもしれないね。


まぁ 仮説が間違っていることもあるけど 仕事をうまくいかせる方法的なものは 世の中にたくさんあるので 適当に参考書を見つけて仮説をつくれば それほど間違いにはならないんじゃないかな。



と、いうことで また次回!

« 働かないおじさん問題、、、とは関係ない話 | トップページ | 別に800円くらいなら、安いとおもう 「人生確率論のススメ 勝間和代」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/57412344

この記事へのトラックバック一覧です: うまくいく人の条件:

« 働かないおじさん問題、、、とは関係ない話 | トップページ | 別に800円くらいなら、安いとおもう 「人生確率論のススメ 勝間和代」 »