2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« やり方がかわるのは、あたりまえなんだけどね。 | トップページ | 人手不足かぁ。 »

2014年9月10日 (水)

錦織圭選手の偉業と「コーチング」はあまり関係ないと思う

今日も雑談でいきますね。

内容がちょっとひどいので 引用元と引用はしないけど


「錦織で注目浴びるコーチング 「スター育成」に必要な条件は


という記事が あって 錦織が躍進した原因は、チャンコーチのメンタルの強化にある、、、なので 「コーチング」は効果がるのでは?的などうでもいい記事なんだけどね。


よく誤解されんだけど コーチングはメンタルを強化するものではないよ。


「ダメだな」「なんとかしなくちゃな」


というものを 前向きにできるようにするものではないよ。



結果的に そうなるケースもあるってことで メンタルにアプローチするものではないよ。


よく誤解されているんだけど 「落ち込んだ気分」や「悲しい気持ち」のせいで 仕事ができないのではない。


そういう場合もあるかもしれないけど それはまさに「気分」の問題で 気分転換なりうっぷんばらしをするといいと思う。


別の言い方をすると たとえば 気分が落ちこんでいたり あまり乗り気がないときでも 高いパフォーマンスを上げていくにはどんな方法があるのか?を考えるのが コーチングっていってもいい。


だから 対話することで 1人で考えつかないような 思考や方法を生みだすことなので メンタルにアプローチすることとは ほとんど関係がない。



ただし 思考をするときに あまりにも感情に支配されすぎるというのであれば 感情改善の手法をとることはあるけど それは あくまで補助的なやくわりだよ。



よく考える必要がある。


たとえば とても不愉快なことがあった場合は 不愉快になったことそのものがなくならないと 永遠に不愉快だよ。


だから それをなんとかしようとするより 、



ときどき不愉快なことはあるので そんなときがあってもトータルで高いパフォーマンスをだす方法は何か?


できるだけ 予防的に そもそも不愉快なことが起こりにくいように 変なところに近寄らない、変な人と接しないようにする。


とかいう方法考えていくほうが 生産的だよね。



錦織選手の偉業は素晴らしいし マイケル チャン氏の指導も 功を奏したんだろうね。


それは「コーチング」の成果だというのは 無理あるんじゃないですかね。



と、いうことで また次回!


« やり方がかわるのは、あたりまえなんだけどね。 | トップページ | 人手不足かぁ。 »

コーチング よくわからないこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/57331794

この記事へのトラックバック一覧です: 錦織圭選手の偉業と「コーチング」はあまり関係ないと思う:

« やり方がかわるのは、あたりまえなんだけどね。 | トップページ | 人手不足かぁ。 »