2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« こうしないと生産性はあがらない | トップページ | 文化と文明のちがい »

2014年8月29日 (金)

話し合いの効用

昨日のエントリーで  「生産性アップは成果ありき」って話ししたよね。

 
 
そうしないと 社員やスタッフの創意工夫ややる気をひきだせないって話をした。
 
 
じゃ 具体的にどうしたらいいのか?って、ことを今日は短めに話してみる。
 
 
 
 
結論からいうと、
 
 
「どうしたら いいか みんなで話し合いをもつ」
 
 
っていうのが答えなんだけどね。
 
 
 
 
 
 
どうしたら 成果をだして 生産性を向上することができるのか? という話をいろいろと話あうことで おもわぬ現場の意見がでてきたりすることもあるよ。
 
 
 
でも それより重要なのは ちゃんと「課題を共有する」って感覚なんだよね。
 
 
話し合いのなかで 現場は経営陣のかんがえていることや、リーダーの悩んでいることを理解できるんだよね。
 
 
 
 
そして 実はよくあるケースなんだけど 現場の 
 
 
 
「これに困っているのでなんとかしてほしい。もし それがクリアになれば もっとうまくいかせれるのに」
 
 
みたいな話がでてきたりするんだけど それが
 
 
 
「なーーんだ、そんなことなの?それならすぐできるよ」
 
 
なんてことがあるよ。
 
 
 
 
 
 
そういうことがあると 経営陣は 「あー もうちょっとコミュニケーションとっておくべきだったな」なんて話になったりする。
 
 
 
 
話し合いが 経営陣やリーダーのいいたいことを、ただ伝えるだけのものになったりすると逆効果だよ。
 
 
あくまで 「話し合い」。 だから 話し合わないといけないよ。
 
 
みんなをあつめて集団で説教したりする人とかいるけど まぁ そういう人は そういうレベルのものしか引き出せませんね。
 
 
 
いいたいことを伝えるってことが重要じゃなくて、「課題を共有する」っていうのが大切なんだよね。
 
 
 
 
結局 誰かの主張やかんがえを通すことが こういう場合の話し合いの目的じゃなくて 課題の共有が いちばんの効用なんだって 理解しておくことが重要なんだとおもうな。 
 
 
 
と、いうことで 今日は短めで、、、また次回!
 
 

 

« こうしないと生産性はあがらない | トップページ | 文化と文明のちがい »

コーチング チームビルディング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/57222533

この記事へのトラックバック一覧です: 話し合いの効用:

« こうしないと生産性はあがらない | トップページ | 文化と文明のちがい »