2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« ビジョンをつくろうよ、ビジョンを! | トップページ | 話し合いの効用 »

2014年8月28日 (木)

こうしないと生産性はあがらない

IT関連の投資だったり 新しいやりかたやツールなんかは 当然「生産性の向上」をめざしているわけだけど 

 
 
「生産性があがったか どうか?」
 
 
が 人員が減ったとか 人件費が減ったって いう評価のしかたをするけど ちょっと気をつけないといけないところだとおもう。
 
 
 
 
(以下 引用)
 
 
 
 
 

地方でも人手不足は深刻

人手不足を乗り越えるには、やはり給与を上げないといけないということですね。

友田:この佐賀県でも人手不足は深刻化し始めています。この点からも給与を上げていかないといけません。これはあくまでも会社からの視点ですが、一方で社員の生活という視点からしても、給料は上がった方がいいに決まっています。この2年間、努力してきましたが、自分が現場を回って見ても、まだ生産性が高いと言える状況にはなく、改善できることはたくさんあります。

 「給料をまだまだ上げられるのに」「まだ自分達には知恵が足りない」「動きに無駄が多い」――。このように、毎日“もう少し何とかなるのではないか”と考えながら現場に臨んでいます。

 今のトワードは無駄なことをたくさんやっていて、給料をみんなで薄く分かち合っているだけなのです。もっと無駄をなくせば、もっと給料を出せるということです。

 このような努力を続けて、社員達の給料をまず10%は上げていきたい。パートさんたちの給料も同じように上げないといけません。現場の社員達はパートさんをできるだけ安い賃金で募集しようとしますが、長く働いてくれれば習熟度も上がります。ミスが減っていけば、生産性がどんどん上がり、高い給料を出しても、会社はむしろ得することになります。

給料を上げた方が会社は“得する”という感覚を、経営者が持てるかどうか、と言うことですね。

友田:会社として大事なことは、“経費が下がること”です。その1つである人件費が、結果として下がればいい。つまり、これまで以上の成果さえ出してくれれば、給料がこれまで以上に高くても構わないはずです。少ない人数で働いた方が1人ひとりの分け前が大きいということで、現場の部門長たちが「人が足りない」と言っているうちは給料が上がるはずがないのです。

(引用終わり ※日経ビジネスオンラインより)

 

 

 

 

この記事 とても興味深いので ぜひ観てほしいんだけど 佐賀県の運送会社なんだよね。

 

社長は ずいぶんはやい時期から IT投資なんかをやっていて、、、なんてきくと ずいぶん洗練された社長だとおもうけど ぜんぜん ふつうの おっちゃんなんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_02_2

 

 

 

ねっ(笑)

 

でも 引用した文章よんでもらうとわかるんだけど すごく本質をついているんだよね。

 

たぶん ちゃんと自分自身で試行錯誤して たどり着いたんだとおもう。 凄いよ。

 

 

 

生産性向上の本質って何か?

 

 

 

 

それは 成果をあげることだよ。

 

 

つまり、

「生産性をあげるための投資や新しいツールやくふう」→「今いる人が 同じ人数なのにもっと成果がでるようになる」 → 「結果的に すくない人数で多くの成果がでている」 → 「生産性アップ!」

 

っていうのが 本来の順番だよね。

 

 

でも 経営者や管理職のよくある間違いは、

 

「生産性をあげるための投資や新しいツールやくふう」→「今より 人数を削減」 → 「すくない人数で今とおなじ成果になる」 → 「生産性アップ!」

 

って おもってしまうんだよね。

 

つまり 削減 ありき っておもってしまうんだよね。

 

これでは 働いているチームや スタッフ個人の 創意工夫ややる気をひきだすことが できないよ。だって うまくやれば 自分が減らされるか 今より少ない人数で同じことを要求されるか だからね。

 

本来は 成果があがること ありき だよ。 今より もっとうまくいかせても 同じ人数で大丈夫なようにすることが 「生産性向上」の活動だよ。

 

 

だから 先にかんがえないといけないのは コスト削減ではなくて もっと成果がでる方法をかんがえることが 生産性向上の考察の第1歩なんだよね。

 

 

ここを 間違えてはいけないよ。

 

 

この社長は よくわかっている発言だよね。 でも こういうのわからない経営者や管理職ってものすごくいっぱいいるんだけどね。

 

 

と、いうことで また次回!

« ビジョンをつくろうよ、ビジョンを! | トップページ | 話し合いの効用 »

コーチング 生産性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/57213359

この記事へのトラックバック一覧です: こうしないと生産性はあがらない:

« ビジョンをつくろうよ、ビジョンを! | トップページ | 話し合いの効用 »