2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« パティ・スミスの村上春樹評 | トップページ | »

2014年8月 8日 (金)

「知識の詰め込み」と「考える力を養う」ことについて(雑文)

今日から 沖縄では旧盆ですね。

 
 
心配された台風もさほど影響はなく 道路でエイサーをおどる 「道ジュネー」も各地でおこんわれているようですね。
 
 
これ、みんなすごく練習するんですよね。部活みたいにやってるよね。
 
で、悲しいことに部活と同じで、上手いところと そうじゃないところとはっきり差がでるんだよね。シロウトの僕がみてもわかる。
 
 
と、いうことで しばらくは 沖縄の旧盆で 雑談のエントリーがつづきます(なんで?)
 
 
 
以下 引用 ↓
 
 
 
 
世の中はこの350年で大きく変わった。日本は江戸時代。ちょんまげの時代である。その時代の人が現代の社会にワープしたら驚いて腰を抜かすであろう。
しかしもし学校の授業に参加をしたならば、もしかするとあまり違和感をいだかないかもしれない。これほど長きに渡って教育のあり方が変わっていないという事は驚異に値すると思うのは私だけであろうか?
 
(中略)
 
こうして変わらなかった教育が、今、大きく改革をされようとしているのをご存知だろうか?今までは知識のある人がその知識を伝導する事が教育であった。
しかしIT革命が進んだ今、知識は誰でもが瞬時に獲得する時代になったのだ。
また人もお金も情報も国を超え、グローバル化の波が押し寄せだしてから久しくなった。それに従い、コメニウスの教育では現状に合わないことを皆がわかりだしたのである。
 
 
(引用終わり ※宋文洲メールマガジンより コメニウスと学校教育 坪谷ニュウエル郁子
 
   
 
 
 
教育ネタ? というより 「学習ネタ」かも。
 
 
 
うーん 根強くあるのが 「知識をつめこむ」ことと「考える力を養う」ことというのが 相反するものって考えがあるんだけど これはいったい誰がひろめたんだろうね。
 
 
「知識をつめこむ」ことと「考える力を養う」ことは 一直線上にある。
 
 
 
 
極論をいうとわかりやすいんだよね。
 
 
たとえば 小学校1年の子供たちをあつめて ディスカッションする授業やってもほとんど成り立たないよね。
 
 
その理由は 1年生では あまりにも知識が不足していて 議論にならないから。
 
 
じゃ 何年生ぐらいから ちゃんと話し合いができるようになるのかな? よくわからないけど 小学生だったら高学年ぐらいからじゃないかな?
 
 
 
こんどは逆に 中学生になれば 相当議論はできるから 知識は最小限でいいのかな?
 
 
 
 
たとえば 中学校の3年の数学の 「新学習指導要領」 をみてみると どんなことをやるのかわかる。 
 
 
どんなことをやるのか? というと  平方根や2次関数、相似や三平方の定理など 知っているのと知らないのでは 日常生活で大きく違う 「知識」を習うんだよね。
 
 
「こんなの ぜんぜん役に立たないよ」って言ってる人は たぶん これを知っていることがあたりまえすぎて 役に立っていることがわからないんだとおもう。
 
 
「こんなの習ったのも忘れていたけど 今まで困ったことがないぞ」という人は ぜんぜんしらなかったおかげで とても損をしているかもしれないんだけど 損をしていることに 気づいていない可能性がある。
 
 
 
中学生レベルでも 相当 基本的なものなんだよね。
 
 
 
 
だから たぶん 中学とか高校レベルでも かなり「知識のつめこみ」は必要なんだとおもう。
 
 
 
だけど 「知識のつめこみ」によって得た知識をどうやって活かしていくのか? という「考える力を養う」っていうのも あるレベルから 同時にやる必要があるんだとおもうな。
 
 
「考える力を養う」っていうことが また知識の習得に役に立つこともあるしね。
 
 
 
 
なんだか この引用の議論っていうのは 「詰め込みは悪」みたいな雰囲気がただよっていて なんだかミスリードな気もするな。
 
 
 
 
だから テクノロジーの進歩によって 「知識の詰め込み」と「考える力を養う」っていうのが両方とも 促進されるっていうのが うまいつかいかただとおもうね。
 
 
 
 
 
そこで 思い出すことがあるんだけどね。
 
 
 
 
何回思いだしても不快なんだけど 僕が「スマホないと ちょっと生活に困りますね」っていったら ある教育関係の人が 「そんな人生楽しいですか?」っていったんだよね。
 
 
 
たぶん その人は スマホ=ゲーム とか スマホ=くだらないSNS とかっておもってるんだろうね。
 
 
 
そういうふうにかんがえる人生のほうがつまらんね、、、とかは 僕は人格がすばらしいので いいませんでしたけど。
 
 
 
あぁ なんか 話がずれてきたので このへんで おしまい。
 
 
 
では また次回!
 
 
 
 
 

« パティ・スミスの村上春樹評 | トップページ | »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/57030084

この記事へのトラックバック一覧です: 「知識の詰め込み」と「考える力を養う」ことについて(雑文):

« パティ・スミスの村上春樹評 | トップページ | »