2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« 速いクルマは美しい、、、のか? | トップページ |  仕事もプライベートもバランスをとるということ »

2014年7月18日 (金)

年功制廃止

※ このエントリーは後日更新しています

 
 
 
 
パナソニックは全社員の給与体系から、年齢に応じて支給額が上昇する年功要素を来年4月に廃止する方針を固め、労働組合との協議に入った。部課長制度も一部復活させ、権限と責任を明確にする。社員のやる気を引き出しつつ人件費を抑えるのが狙い。
     
 
 
 
うーーん 「え!?年功制廃止?」っていうより 「え!?まだ 年功制とかやってたの?」っておもったりしたけどね。
 
 
 
会社のなかで 年功制が廃止とかなるのは あたりまえだけど 年齢高い人がおおいからだとおもう。
 
 
おなじように 人口で 「少子化」っていってるけど 少子化というより 「多老化」っていったほうがよくて 老人がふえているんだよね。
 
 
 
 
会社の中でも 世の中でも ベテランで給料高い人とか 老人とかでもやっぱり いちばん困るのが
 
 
「完全に 収入が0になること」
 
だと おもう。
 
 
下がるぶんは まぁ なんとかしていくし していけばなんとかなるけど(あたりまえか) リストラで解雇とかなるのが1番まずいよね。
 
 
 
 
だから ある程度の年齢になったら それ以上は収入があがらないようにしないと組織がもたないよね。
 
 
けっきょく そうなると 好業績のときは少し臨時ボーナスがでて 業績悪ければ でない、、、というような原則になるしかない。
 
 
 
 
だから 僕はわりと ほとんどの企業は また似たような制度になるんじゃないかとおもうな。
引用文では 「社員のやる気を引き出しつつ人件費をおさえるのがねらい」ってのがあるけど 「やる気」は制度では引き出せないので 人件費抑制がおもな目的になるだろうね。
 
 
 
人件費抑制が悪いこととはおもわないけど やる気を引き出す環境づくりは 別に必要だとおもう。
 
 
 
 
 
やっぱり 根強く 給与制度をいじることで 「やる気をひきだす」っておもわれてるケースがおおいので 注意が必要だよね。
 
 
 
大手企業が 大義名分として「制度変更で やる気をもってもらいます」みたいなアナウンスをするのはわかるけど まともにうけとったらマズイよね。
 
 
 
ポイントは そこだとおもうな。
 
 
 
では また次回!
 
 
 
 
 

« 速いクルマは美しい、、、のか? | トップページ |  仕事もプライベートもバランスをとるということ »

コーチング 業績評価」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/56829398

この記事へのトラックバック一覧です: 年功制廃止:

« 速いクルマは美しい、、、のか? | トップページ |  仕事もプライベートもバランスをとるということ »