2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« 質問の価値と質問する人の価値 | トップページ | お金以外の働く意味 »

2014年7月27日 (日)

1対1の場面でつかうものとそうじゃないもの

別になんでもいいのだが たとえば コーチングなんかでつかっている 「コミュニケーションの4つのタイプ分け」っていうのがあるんだよね。

 
 
 
これは カンタンに説明すると コミュニケーションのとりかたは4つのタイプにわけることができて それによってコミュニケーションのとり方をかえると うまくいくことがありますよ、、、ってやつですね。
 
 
 
僕も、研修でよくつかうし というか 僕はこの研修の認定トレーナーなので(まだ有効なんだろうか?)かなり詳しく説明することができる。
 
(※ ところで これ沖縄の某研修会社が まったく無断で使用してて しかも間違った解説してますね。この研修会社はかなり怪しいのですが、とても人気があります。僕は無関係です。)
 
 
 
まぁ 他にも世の中には 血液型をはじめ いろいろな「タイプ分け」の方法はあって それらは ずいぶん怪しいものから 分けかたが30だか40だかにわけるために わけても覚えきれないので けっきょく意味ないとか いろいろあるわけだよ。
 
 
 
こういうのって それ以上でもないし それ以下でもないので それによって相手をある種の理解はできるとおもうけど 「だから彼はこのような行動をとるのだ」とか「彼女はこのような発言をするのだ」というのは ずいぶん乱暴な話だとおもうな。
 
 
 
 
それはいいんだけど(よくないけどね) でもこれはあくまで 1対1の場面でひきあいにだされるもので たとえば3人以上になったりすると あっというまに使い勝手がおちる。
 
 
 
僕はわりと 「4つのタイプ分け」ってつかうけど これは1対1、、、というか コーチングにフイットするからで 逆にいうと 1対1以外の場面では あまり引き合いにださない。
 
 
 
 
 
これは結構、重要なポイントで いわゆる「心理学」やらコーチングやらっていうのは おおむね 1対1の場面で「しか」役に立たないケースがおおい。
 
なぜなら そもそも 1対1の場面で研究されてきたからだとおもう。
 
 
 
 
だとすると 「チーム」だったり「組織」だったりを コーチングしたり 導いたりするのは まったく違う方法が必要なんだろうか?
 
 
 
 
 
 
 
 
答えるとすれば 「かなり違う方法がある」ってことになるとおもう。
 
 
 
 
 
 
 
 
僕がいろんな先生とか、講座とかでしらべてみても 「チーム」とか「組織」とかについて コレだ! というものは どうもないみたいだね。
 
 
 
ただ はっきりしているのは 1対1のやり方と 集団へのアプローチのやり方は かなり違う方法をとる必要があるってことだよ。
 
 
 
 
いまのところ 僕がよくやっているやり方は 組織やチームの「 ビジョンを共有する 」ってことだね。
 
 
 
これは 定性的なものも 定量的なものも 両方いれるし どちらかというと 半年~1年くらいの 中短期のものがおおい。
 
 
だから ビジョンといってもいいし プランといってもいいし 目標といってもいいし 実際は それらが まぜこぜになってるものだよ。
 
 
 
 
人が集まるとき 誰かを中心に集まればいいんだけど そうできない場合は ビジョンの共有って重要だよ。
 
 
 
「誰かに集まる」状態っていうのは なかなか大変で その人がかなり強力じゃないと難しいよ。
 
 
 
 
 
 
 
うん。
 
 
 
 
 
 
まぁ やり方はいろいろあるんだけど 今日話したかったのは 「1対1の場面でつかわれるものが そのまま集団で良いツールとして つかわれるものではないよ」ってことだね。
 
 
 
 
と、いうことで ではまた次回!
 
 
 

« 質問の価値と質問する人の価値 | トップページ | お金以外の働く意味 »

コーチング チームビルディング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/56916487

この記事へのトラックバック一覧です: 1対1の場面でつかうものとそうじゃないもの:

« 質問の価値と質問する人の価値 | トップページ | お金以外の働く意味 »