2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« 「散歩もの」 久住昌之 に学ぶ散歩のこころえ | トップページ | 「医療」でさえ、寄り添わないというのに »

2014年7月 2日 (水)

単純に「好き」でもよくないね

「インセンティブ」について あいかわらずよく質問されますよ。

 

なんというか、、、「少ない労力だったり たいした手間かけなくて 従業員が一生懸命はたらく方法はないものか?」 ってかんじが 透けてみえて なんとも。

 

 
 
 
 

でも、会社のインセンティブ設計ってせいぜい年収500万円をがんばり次第で600万円にするとか、その程度のことじゃないですか。それなら、インセンティブ設計にコストと時間をかけるよりも、「好き」のドライブに訴えた方がいい。

だからといって「好きなことをやっていいよ」と放っておくと「かつ丼より天丼が好き」みたいな、超具体的な話になってしまいますが、ここは誤解しないでいただきたい。

前回もお話ししたように、その人の「好き」を支えるロジック、メカニズムを見てあげるということが必要なのであって、それが経営者の重要な仕事なんです。

短期集中型のプロジェクトを実施して、成果を出して、お客様に評価されるというサイクルを短期間で回すのが好きな人もいれば、日々同じことをコツコツと繰り返して会社全体がうまく動くように支える働き方が好きな人もいる。

仕事の好き嫌いというのはそういう論理レベル、抽象レベルに引き上げないと本当のところは分からない。その意味で「好きなことをさせてあげる」のが経営です。逆に言えば、「営業と内勤どっちが好き?」というのは最悪の選択です。

所属部署というベタベタに具体的な次元で人の好き嫌いを定義するのは愚の骨頂なのですが、このことに大半の企業は気がついていません。

人間が仕事をしていくことは、自分の好き嫌いの本質を自分でずっと探していく、自分で発見する長いジャーニー(旅)のようなものです。

     
 
 
この記事わりと注意してよむ必要あるとおもうけど、「好きなことをする」というレベルが重要だよって話だよね。
 
 
 
「いいか悪いか」で決めるのではなく「好きか嫌いか」でって いかにも「いかにもな人」が飛びつきそうなフレーズだけど たぶん 「そんな単純なもんは最悪だよ」っていうのがこの記事なんだろうね。
 
 
 
 
「好き」をささえるロジック、、、つまり 「どういうシチュエーションで自分自身がイキイキと働けるか?」ということを知る必要があるってことだよね。
 
 
 
これは 経営者が探してあげるんじゃなくて 自分自身でさがすものなんだけど そういうサポートというか ある種の手伝いをしてあげるのがいいんじゃないかとおもう。
 
 
 
 
1番の手伝いは 
 
 
「自分の仕事の何が価値を生み出しているのか?」
 
 
ってことを かんがえていけるようなチャンスをたくさんつくることだとおもうな。
 
 
以前にも話したんだけど  仕事の価値を 単純に金銭的報酬でむくいるっていうのは ある意味ずいぶん 乱暴な方法なんだよね。
 
 
 
じゃ 褒めるとか叱るとか そういう話になったりするけど それは 部下や従業員を 子供あつかいしすぎ。
 
 
そうではなくて 「どんな価値を生み出しているのか?」あるいは「生み出していきたいか?」って話をしていくことが重要で その話をしていることそのものが相手にたいして報いることになるんだよね。
 
 
 
これは けっこう実感として ピンとこないかもしれないけど とても重要なポイントなんだよね。
 
 
 
あと、「何が 価値なのか?」ってことも あんまりわかっていない場合がおおかったりするね。
 
 
 
 
「インセンティブ」って 単純化するとダメだよ。
 
 
でも しっかり考えていくと とてもみんなが気持ちよく働けるものになっていくものになるので いろいろやっていく必要があるとおもうな。
 
 
「価値」については また別の機会に話しますね。
 
 
 
では、また次回!
 

« 「散歩もの」 久住昌之 に学ぶ散歩のこころえ | トップページ | 「医療」でさえ、寄り添わないというのに »

コーチング 業績評価」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/56675945

この記事へのトラックバック一覧です: 単純に「好き」でもよくないね:

« 「散歩もの」 久住昌之 に学ぶ散歩のこころえ | トップページ | 「医療」でさえ、寄り添わないというのに »