2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« 好きな仕事を、儲かっている会社でやる | トップページ | ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」に見る、完璧なチームとは? »

2014年6月15日 (日)

なぜ?日本はコートジボワールに負けてしまったのか

残念ながら 今日は負けてしまったけど なぜ?負けたのか 以下の記事がとてもおもしろい

 

ワールドカップ日本代表の敗因は何か? データで浮かび上がる「コートジボワールの秘策」

 

以下 抜粋

 

Slide_354035_3860303_free

 

 

試合開始直後、日本は山口、長谷部の位置が低く、まず守りから、慎重に入る。消極的、とも言えるが、一方で、大きな大会の初戦としては定石とも言える入り方だ。お互い様子を見あう重苦しい流れの中、スローインから得点したのは、日本にとって非常に良い流れだった。得点の起点となったのは森重の大きなサイドチェンジだった。

 

(中略) 

 

Slide_354035_3860318_free

 

遠藤投入を見るや、コートジボワールはすぐに戦い方を変える。ジェルビーニョを再び右サイド、日本の左サイド側に戻し、徹底的に裏を狙わせている。先程は守備の負担を減らすために日本の右サイド側にいた俊足の選手が狙い所をいよいよ定めたのだ。 一方で、遠藤を中心とした左サイドよりのパス攻撃を封じるため、中央左にカルー、ヤヤ・トゥレ、ボニと選手を集めている。 この勝負どころ、コートジボワールは右サイド、日本の左サイドに7人をかけ、結果的にここから点が生まれる。

 

(引用 以上 The Huffington Post より)

 

この記事からみると コートジボアールが 遠藤選手投入後に 徹底的に 日本の左サイドねらいに戦術をかえて それが 2本のほぼ同じような攻撃からの得点につながってるっていうのが試合のながれになっている。 

 
 
日本は 遠藤選手投入は、守備的に強い長谷部選手にかえて より攻撃に強い遠藤選手をいれて 得点をねらうという戦術にでてる。 
 
 
それをうけて コートジボアールが今までと戦術をかえて 左サイド狙いにすることで 得点をあげている。
 
 
と、いうことは 日本の敗因は 狙った戦術が裏目にでた、、、つまり ベンチワークで負けた可能性がとても高いということだね。
これは 本当は別の意図があったり あるいは なんらかのフィジカルな問題があったのかもしれないけど データという事実からみれば そういうつもりではなかったのだが 結果的にベンチワークに問題があるといわざるをえない、、、 ということなんだろうね。
 
 
 
 
 
 
このアプローチはなかなか興味深くて なぜ?そうなったのか?というのはわからないけど 結論として 〇〇であれば××である って話しだよね。 
 
 
なぜ? ザッケローニが有利な展開で戦術を誤ったのかわからないけど 結果的にベンチワークを今後修正する必要があるということだろうね。
 
 
 
 
 
 
これは 
 
「AだからBである、そしてB=Cが成り立つ なのでA=Cといえる」 
 
という ちゃんと論理構成がしっかりしている 因果関係からいわれていることではなくて
 
 
「AだからBである このときなぜかわからないが ほとんどのケースはA=Dになる」
 
という相関関係のほうが 信ぴょう性が高いってことになるね。 
 
 
 
 
 
こういうのを エビデンスド・ベースド・アプローチ といって 昨今は ビッグデータなんかの利用で わりとホットだよね。
 
 
基本的に 僕のコーチングアプローチは、これで
 
 
「常識ではなくて 正しいかどうかは 実際にやってみたり 計測したりしてかんがえましょう」
 
 
というものだよ。
 
 
 
 
 
 
詳しく話すとながくなるので また別の機会に話すけど 全部が全部データしか信じませんということではなくて データがあるものに関しては そのデータの反論はもちましょうよってことだよ。
 
 
 
 
たとえば 「成績がよいかどうかは 本人のやる気よりも まわりの環境に影響される」というデータがあったとする。 
 
それで 「いや でも 本人のやる気が重要でしょう?」 って反論するなら 「なぜ?そうなのか?」を 完璧でなくても だいたいでいいから 納得できる理由をもちましょうよってことだよ。 
 
 
 
そうじゃないと 単なる思い込みってことになるよね。 
 
 
 
思い込みだったり 単純な経験則だったりで 重要な決断をするんじゃなくて こういう視点からもかんがえる必要があるよね。
 
 
 
ワールドカップ、、、正直かなり タフな状況になっちゃったけど 感情的な話しとか精神論とかじゃなくて(ただし 松木安太郎さんを除く) ぜひ しっかり分析して次を戦ってほしいね。 
 
 
 
では また次回!
 
 
 
 
 

« 好きな仕事を、儲かっている会社でやる | トップページ | ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」に見る、完璧なチームとは? »

コーチング 戦略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/56512085

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ?日本はコートジボワールに負けてしまったのか:

« 好きな仕事を、儲かっている会社でやる | トップページ | ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」に見る、完璧なチームとは? »