2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« 「嫌われる勇気」とか アドラー心理学についてのNOTE | トップページ | オッサンのセクハラ発言の不快感 »

2014年6月18日 (水)

沖縄の企業がカンタンに「海外進出」する方法

すこしまえに 「海外進出するためのセミナー」のようなセミナーに参加したんだよね。 

 
 
いや、僕のコーチングの仕事を海外進出しようと くわだてている、、、わけではなくて まぁ偶然というか たまたま参加することになったんだけどね。 
 
 
それが めっぽうおもしろかった。 参加してよかった。
 
 
けっきょく それが縁で 僕、、、ではなくて 僕のクライアントさんが 話しに興味をもって 海外進出について ちょっと模索することになった。 
 
 
なにが 役にたつのかわからないね。 
 
 
僕自身は 海外で仕事をすることは想定していないんだけど そのセミナーで 「インバウンド事業も立派な海外進出ですよ」といわれて なるほど それならアリかも? とかおもったよ。
 
 
 
日本人が海外へでていくものが アウトバウンドなら 海外の人が日本にくる というのがインバウンド みたいななんとなく観光業界の用語みたいなのがあるね。
 
 
 
ちなみに沖縄では いわゆる「来沖」がインバウンドで 「出沖」がアウトバウンドとかいわれます。修学旅行で沖縄にくるのは インバウンドで 沖縄の会社視察で東京にいくのは アウトバウンド ですね。
 
 
 
 
 
で、この 日経BPの記事が おもしろいんだよね。 
 
 
ちょっと長いけど 引用してみる。
 
 
 
 
 
 
 

 

英文サイトとクチコミで広まったサイクリングツアー

村山:今でこそ大人気のサイクリングツアーですが、当時はどうだったんですか。

山田:最初はガイドツアーではなかった。自転車をレンタルさえすれば、ガイドは必要ないと思っていたんです。ただ、京都だったら自転車レンタルでやっていけますが、飛騨のマーケットボリュームを見ていくと、レンタルでは成り立たないことがわかり、じゃあ、付加価値を上げないとねと。その方がお客様の満足度も上がるということで方針を変えました。それから準備に入り、ガイド付きのサイクリングツアーを開始したのは、2010年7月からです。

Ph06  

 

村山:最初はどういう形でツアーを告知していったのですか。

山田:基本的にインターネットで地道に始めました。まずは、英語版サイトを立ち上げたのですがコンテンツは自分たちで作成し、ウェブ開発部分は外部委託しました。世界一周で訪問したアフリカや南米で、「地域らしさ」を堪能している旅人の姿を見ていたので、グローバルマーケットにおいてはこういうサービスは喜ばれるだろうという仮説は持っていました。

 ですので、グローバル対応することに躊躇はなく、むしろ強化すべきだと当初から考えていました。あとは、喜んでくれたゲストがクチコミを書いてくれて、クチコミが新たなゲストを呼ぶという流れが少しずつできてきました。

村山:新事業立ち上げは認知させるまでが大変だと思いますが、スタート当初からうまく集客できましたか。

山田:1年目の集客は年間で百数十人レベルでした。当然そんなにいきなりは来ないですよね。ただ、お客様からの満足度はガイドの頑張りもあって、それなりにありました。ただし、マーケットの収益を確保するのに時間はかかると予想しました。2011年以降は毎年倍以上伸びています。最近は特に増えてきたなと実感しています。

 国別ではオーストラリア、米国、シンガポールの順です。欧米で大半を占めていますが、最近の傾向としてASEANからのゲストが大きく伸びつつあります。これまで40数カ国から来ているのですが、韓国と中国からのゲストは過去4年間実績ゼロ。両国から日本への旅行客は多いのでちょっと意外です。個人客中心なので団体ツアーが多い中国などは参加しづらいのかもしれません。

村山:大半が欧米からの観光客ということですね。SATOYAMA EXPERIENCEへの参加者が毎年増えているということですが、それはどうやって呼び込んでいったのですか。

山田:自社サイト経由での予約がメインですが、そんなにプロモーションコストをかけていません。それでもじわじわと伸び、対前年度比で3倍とか5倍にはならないですが、着実にクチコミが増えてきて申込数も増えていると思っています。

(引用終わり)

 

 

実際 あとで 話しがでてくるんだけど 世界最大の口コミサイト 「トリップアドバイザー」でとても高い評価を獲得しているらしい。

 
 
これは 飛騨高山をサイクリングしながら 自然や地域の人とふれあったりすごしたりするツアーなんだよね。 
 
サイクリングはスポーツじゃなくて 「自転車」というのりものをつかうという意味だよ。 
 
 
 
 
僕が興味をもったのは このツアーというかビジネスというのが まったくお金がかかっていなくて  しかも 地方が徹底的に「インバウンド」に特化したってとこだよ。
 
 
 
ほとんどが 欧米からの個人客で 外国人の旅行者が7割くらい。
 
 
 
そのためには 「英文のサイト」をつくって  外国語がわかり 海外の人を「もてなす」ことができるスタッフを準備し 外国人からみた興味のあるコンテンツを解説する。
 
 
まぁ これは ある意味 観光地の「再編集」だよね。
 
 
 
再編集しただけだから とうぜんコストはかかっていないんだけど 「欧米の個人ツーリスト」にしぼって 呼びこむ方法をかんがえたというのは おもしろいね。
 
 
 
たしかに 「観光向け業種」とかいっても 外国語表記のホームページもないのであれば 行きにくいよね。 
 
 
逆にいうと 外国語表記のホームページをつくり 受け入れ体制をととのえれば これは ビジネスの盲点かもしれないね。
 
 
なるほど。
 
 
 
これでも セミナーでならったように 「海外進出」ということになるのなら 沖縄の企業でも カンタンに海外進出できるよね。
 
 
 
ちょっと クライアントさんとかに提案してみて かんがえてみます。
 
 
 
この話しきいて 「おーその手があったか!」とおもった人は どうぞガンガンやってください。
 
 
「そんなこと とっくにやってるよ!」という人は おしえてくださいね。
 
 
「やりたいけど 面倒くさそう」とかおもう人は 連絡ください。 僕がコーディネイトしますね。
 
 
 
 
 
では また次回! 
 

« 「嫌われる勇気」とか アドラー心理学についてのNOTE | トップページ | オッサンのセクハラ発言の不快感 »

コーチング 戦略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/56541737

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の企業がカンタンに「海外進出」する方法:

« 「嫌われる勇気」とか アドラー心理学についてのNOTE | トップページ | オッサンのセクハラ発言の不快感 »