2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« 北大路魯山人も全然おぼえていない | トップページ | 子供に「何で勉強するの?」って聞かれたら、こう答えろ! »

2014年6月 2日 (月)

「LINEでコーチング」はうまくいくのか?

ホリエモンチャンネルのこの「LINEでコーチング」っていうのがちょっと興味深い。
 
 
 
 
 
僕がやっているような 「コーチング」のことなのかな? と聞いてて そうみたいだね。
 
 
ホリエモンの答えもなかなかおもしろいんだけど、僕もちょっと答えたくなったよ。
 
 
 
 
 
 
なんだかんだで 僕は今年の10月で この仕事はじめて10年になりますよ。
 
 
うひゃー、そんなにやってるのね。
 
 
10年もやれば、かなり凄いコーチングのつかい手になっているか?といえば そんなことはあんまりありません。慣れたっていうのはあるけどね。
 
 
 
 
 
僕が、「コーチング」という仕事をはじめたときは 意外と最初はうまくいった。
 
 
 
けど、ある一定以上になるには なかなか大変で試行錯誤してたね。
 
 
 
 
原因の大きなもののひとつに 僕自身が、「コーチング」っていうビジネスをあんまりよくわかってなかったことがあるとおもうな。
 
 
これ結構、重要だったとおもうよ。
 
 
 
 
 
僕は、もともと前職の仕事をうまくいかせようとおもって、ネットを徘徊していたときに 「コーチング」っていうのがあるのを知ったんだよね。 
 
 
それで、まぁ自分自身でもコーチングをうけて そしてその成果とかをみて 「なるほど」と納得して トレーニングをうけるためにトレーニング機関にお金をはらって、スキルを身につけた。
 
 
 
それで、すこし仕事が入りはじめたので 会社をやめて専業でやることにした。 
 
 
 
 
 
ここまでは わかりやすいんだけど こっからが試行錯誤だったんだよね。
 
 
 
 
なぜ? 試行錯誤だったのか?
 
 
 
 
それは 僕自身が、「コーチング」という商品を売ろうとしていたから なかなかうまくいかなかったんだとおもう。
 
 
たとえば 「僕のコーチングを有料でうけませんか?」ということで 有料の人が10人いれば 1人3万円で 30万円の売上になるな とかおもってたんだよね。 
 
 
 
これでは うまくいかないのは当たり前だったんだけどね。
 
 
 
 
 
これはあとで気づいたんだけど、僕がお金を払ったのは
 
 
 
「自分がコーチングをうけるための料金」
 
「自分がトレーニングをうけるために料金」
 
 
 
の2つなんだけど これは 僕自身が「コーチングを専業にしよう」とおもってつかったお金であって 「コーチングをうけて成果をだしたい」って人がだしたお金じゃない。
 
 
 
 
僕は最初はコーチングで成果をだそうとおもって料金を払ったんだけど、それは最初のうちだけで あとは自分のトレーニングの先生として コーチングをうけていた。
 
 
 
つまり 自分が払ったから 他の人も同じ理由で払うだろう というのは全然まちがいなんだな、、、ってのがわかった。( あたりまえだけど 、それがわからなかったんだよね )
 
 
コーチングを専業にやっていこうって人がコーチングにお金を払うんだよね。 
 
 
 
そういう人を相手にビジネスすればいいんだけど それは僕のお客さんではなかったんだよね。
 
 
 
 
もちろん まったく0人じゃなかったけど 伸び悩んでいたのはこれなんだって気づいて、それから マネタイズのやりかたを少しかえてみたら、わりとすっと目標をこえていくようになった。
 
 
 
 
 
 
これ 結構重要なポイントで マネタイズっていうのは それはそれで別にあるんだな お金の流れに気をつけないといけないんだなってのがわかって結果がかわってきたよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
、、、、、、と、いうことをふまえて  この「LINEでコーチング?」ってやつだけどね。
 
 
 
 
勝手に 聞かれてもないけど答えると もし「コーチングをうけることによる有料課金」というモデルであれば うまくいきません。
 

 
 
コーチングをうけることにお金を払うケースはあんまりありません。
 
 
もちろん0人ではないんだけど、ビジネスになるほど大きくはなりません。
 
 
 
 
なので なんとか「コーチングをうける無料(に近い)ユーザー」を増やして そのユーザー数をつかったマネタイズをやっていくといいとおもいますね。
 
 
 
だから 課題は2つで
 
 
「ユーザーを集めること」
 
 
「集めたユーザーのスケールをどうやってマネタイズするのか?」
 
 
という2点でしょうね。 
 
 
 
 
たぶん 「ユーザーを集める」っていうけど そんなに集まらないとおもうので できるだけ集まったユーザーに対するサービスっていうのを自動化とか、効率化しておかないと 労力とかお金ばっかりかかるとおもいますね。
 
 
 
うまくいかないってわけではないとおもうよ。 
 
 
 
 
 
ただ あんまりビジネスとしては割のいいものではないとおもうので、直接「コーチングを売る」っていうのは 限界があるとおもうな。
 
 
 
 
、、、、、、というのが 僕の勝手な答えです。
 
 
 
 
 
 
 
 
なので もし僕にできるだけのお金と時間があったとしてもやりません。 
 
 
やるなら 別のことしますね。 
 
 
 
と、いうことで ではまた次回! 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 北大路魯山人も全然おぼえていない | トップページ | 子供に「何で勉強するの?」って聞かれたら、こう答えろ! »

コーチング どう活かしたら良いのか?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/56388430

この記事へのトラックバック一覧です: 「LINEでコーチング」はうまくいくのか?:

« 北大路魯山人も全然おぼえていない | トップページ | 子供に「何で勉強するの?」って聞かれたら、こう答えろ! »