2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« オッサンのセクハラ発言の不快感 | トップページ | 「インドでキャバクラ始めました(笑)」 »

2014年6月20日 (金)

セブン-イレブン「鉄の支配力」、、、題名が怖い

沖縄でも 「セブン-イレブン」の上陸が 秒読み段階だよね。
 
 
たぶん コンビニ業界だけじゃなくて 小売やスーパー 飲食店なんかに ものすごいインパクトがあるとおもうよ。
 
 
ただ 僕がちょっと面白いなっておもったのは 抜粋の記事のなかで 赤太字ぶぶんなんだけどね。 
 
 
 
 
 
266716
 
 
 
 
 
 
 

それぞれの業態の特性を無視するような取り組みなので、関係者が反発するのは当然だったのかもしれません。

鈴木:業態に関係なく、同じ価格で全部売れといっても無理だと、三社三様に、反対していました。そこで私は、一喝して、どこでも売れる商品を作れと言いました。それは、質の高いPBを作るということです。それで各社が渋々取り組んだところ、結果、どの業態でも、同じ価格で販売し、非常に売れている。モノによっては、値下げしたNB商品よりも売れているのが実態です。「金の食パン」は、通常の商品の倍近く高いものでも、ヒット商品として売れている。

 これまでの自分たちがもっている業態の壁というものを破れば、できないことはないんだという感覚を、みんなが何となく持つことができました。グループで何かをやろうといった時に、かつてのように、業態別の自分を守るための反抗というのはなくなってきた。業態の枠を超えたシナジーは実現できないわけじゃないんだという意識が、論理的ではないが、感覚的に広がってきました。

(中略)

会長の中ではオムニチャネル戦略は何年ぐらいで形にできると考えているのですか。

鈴木:案外早く進むと思っています。2~3年くらいかな。要するに人間というのはどこでどういうものが成功したという実体験をしていくと、納得性が高まり、行動に移せるものです。ですから、頭で考えさせているうちはダメでしょう。

(引用終わり)

     
 
 
鈴木会長は 強力なリーダーシップだったり、先見性だったりが有名な経営者だけど グループも大きくなってきていて どんな伝え方しているのかな? というのが垣間見えるコメントだよね。
 
 
 
まぁ セブン-イレブンの「隔週 全社員ミーティング」っていうのは有名だけどね。
(昔は 毎週だったらしいけど 今は隔週になったらしい)
 
 
 
コーチングのなかで 「どういう言い方をすれば 上司(あるいは部下)を説得できますかね?」という話なんか よくでるんだけど 言い方の問題じゃないよね。 
 
 
 
相手が 納得できないのであれば 納得できるような材料を提供するのが 1番だけど その中で 強力なのが 「成功体験」だとおもう。
 
 
 
だから リーダーなんかが リーダーシップを発揮するためには 「言い方」とか「プレゼン」とかも 気にするにこしたことはないけど 1番は 「成功する体験をしてもらう」ってことだろうね。 
 
 
 
これは それこそ リーダーが頭でわかっていても 実際にはなかなか 「成功体験をつませるための仕事」みたいなものを 意識てきにつくっているケースってすくない。 
 
 
 
だから 成功体験をうまくつませる手法 みたいなものがあるので それを身につけたほうがいいのかもしれないね。
 
 
 
まぁ そういうものが 鈴木会長には すごく備わってるのかもしれなくて それが「鉄の支配力」につながってるのかな。
 
 
 
「鉄の支配力」って なんか怖いけど。
 
 
 
成功体験をうまくつませる手法、、、については また別の機会に話します。
 
 
 
 
では!また次回!
 
 

« オッサンのセクハラ発言の不快感 | トップページ | 「インドでキャバクラ始めました(笑)」 »

コーチング リーダーシップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/56561816

この記事へのトラックバック一覧です: セブン-イレブン「鉄の支配力」、、、題名が怖い:

« オッサンのセクハラ発言の不快感 | トップページ | 「インドでキャバクラ始めました(笑)」 »