2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« 「技術なき者は……去れ!」 がんばれ凡田夏之介! | トップページ | 「儲けたい」とか僕は信じていません »

2014年5月14日 (水)

知らないことだらけ

 仕事を「うまくいかせる」ために必要なものの中でいちばん大事なものってなんだろうか?

 
 
 
僕は企業のなかに入ってコーチングをしていることが多いんだけど、
 
 
「なかなか仕事がうまくいかない人をうまくいかせるためのコーチング」 
 
と 
 
「新しい仕事や新しい部署での仕事をスムースにいかせるためのコーチング」 
 
 
っていうケースがよくある。 
 
 
 
 
 
 
 まぁ 要するに 困っている人を助ける的なコーチングがおおいってことだね。 
 
 
それで どういうプロセスで 「うまくいかせる」ようにしていくのか 戦略をたてるんだよね。
 
 
 
 
ここで 最初の問いにもどるんだけど 
 
 
仕事を「うまくいかせる」ために必要なものの中でいちばん大事なものってなんだろうか?
 
 
ってことなんだけど 「いちばん大事なもの」というより まず最初になにから手をつけたらいいのか? ってことをかんがえないといけないよね。 
 
 
 
 
 
 
最初に何から手をつけたらいいのか?
 
 
 
 
 
 
「いちばん大切なものはスキル」 って僕は話してるんだよね。 
 
 
 
で、そのスキルを向上させるには、、、土台となる「知識」なんだよね。 
 
 
 
だから 「何から手をつけるのか?」というと 「まず知識を身につけないといけない」ということになる。 
 
 
 
 仕事をうまくいかせるために まず最初に確認しないといけないのは
 
 
「その人に 充分な知識が備わっているのか?」 
 
 
というのを確認するのは 僕のコーチング戦略のなかで 必須のものだよ。
 
 
 
 
 
とにかく 仕事で苦労している人は その仕事そのものの「知識」が圧倒的に不足していることが 大半なんだよね。 
 
 
 
これは 本人やまわりの人も気づいていない。
 
 
 
だから トンチンカンな対応になったりするんだけど。 
 
 
 
 
 
 
 
なぜ? こういうことがおこるのかというと そのいちばんの原因は
 
 
「その仕事に必要な知識が何なのか? 特定できていない」 
 
 
ってことだよ。 
 
 
 
つまり 何を知る必要があるのか?わかってないし そもそも「知る必要がある」ということをわかっていない、、、、、、ってことになる。
 
 
 
 もう、これは 本当に感覚としたら 80%以上のケースがこれに当てはまってしまうので コーチングの戦略はいつもカンタンになってしまうんだけどね。 (戦略がカンタンだからといって、コーチングがカンタンなわけではない)
 
 
 
実際 ひとつのコーチングプロセスがおわって、クライアントさんに感想をきいてみると たいてい 「よくいままで 知らないでやってきたなっておもう」とか、「もう昔にはもどりたくない」とか 「知らないことだらけでした」ってはなしがきかれるよ。
 
 
 
 
 
この 「その仕事に必要な知識が何なのか?」という問いは とても良い質問だとおもうので 質問リストにいれておくことをおすすめするよ。 
 
 
 
と、いうことで 今日はこのへんで。 
 
 
 
では、また! 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 「技術なき者は……去れ!」 がんばれ凡田夏之介! | トップページ | 「儲けたい」とか僕は信じていません »

コーチング 戦略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/56192808

この記事へのトラックバック一覧です: 知らないことだらけ:

« 「技術なき者は……去れ!」 がんばれ凡田夏之介! | トップページ | 「儲けたい」とか僕は信じていません »