2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« リトルなでしこの平塚万貴選手のノート | トップページ | どうも、ユニクロは本気っぽい »

2014年4月11日 (金)

資格試験合格を目指す心細いメソッド

 今日は短めに、日記モードで いきますね。 

 
 
僕のコーチングのクライアントさんには、けっこう 資格試験のためのコーチングっていうテーマの方がいるんだよね。 
 
 
今現在も、数名いますよ。 
 
 
で、今のところ 僕のクライアントさんの合格率は100%なんだけど ただ何100名も合格させたわけではないので メソッドとしては 心細い。 
 
 
 
その 心細いメソッドを ちょっとだけ(いや ほんとにちょっと)公開してみる。 
 
 
要するに 資格試験を目指す人は どんなことをやればいいのか? やや心細いメソッドを話してみます。  
 
 
 
 
 
まず 第1に 「ロードマップをはっきりさせること」
 
 
 
まぁ プランニングするってことなんだけど プランきめて 実行して フィードバック検証して 修正する、、、っていう まぁ王道ですね。 
 
 
 
 
これのどこが メソッド? 
 
 
??  
 
 
あのですね。 
 
 
 
実は これだけでも やれてない人がとてもおおいんですよ。 
 
 
いや 最初に ちょっと計画たてたりするんだけど 一回ずれたりすると(ってか、計画はふつうずれる) あっというまに グダグダになるよ。 
 
 
そして そのまま放置される。 
 
 
 
だから ゆるーく 「ところで 勉強どうですか?」みたいな コーチングって リマインダーとしては わりといいのかもね。 
 
 
プランニングとかひとりよがりになるので 誰かに確認してもらうっていいんだろうね。  
 
 
 
 
 
 2つ目は 「勉強を いつ、どこで、どれくらい やるのか決める」っていうこと。  
 
 
これ とても重要ですね。 
 
 
社会人って やっぱり時間がないんだけど だったら いつどれくらいやるのか決めないと計画たてられないよね。 
 
 
結局 資格試験って「勉強時間勝負!」みたいなところあるから いつ、どれくらいって決めないと 「合格ライン勉強時間」に いつごろ達するのかわからない。 
 
 
そもそも自分が今どれくらい勉強時間を「持って」いるのか知るのは試験勉強の鉄則だよね。
 
 
 
 
 
あと「どこで」っていうのも 意外と大事。 
 
 
続けて勉強していくには 同じシチュエーションをつくるっていうのが重要なんだよね。 
 
 
勉強する場所を決めるっていうのは 勉強をはじめるひきがね(トリガー)になるよ。   
 
 
でも 社会人で 「よくかんがえたら 何時間か集中して勉強できる場所がなかった」とか よくあるよ(笑)
 
 
 
 
この2つは いつも確認するところですね。 
 
 
 
まぁ この2つができれば 資格試験はOK! ってわけじゃ全然ないけど この2つができてなければ はやめに対策したほうがいいね。
 
 
 
 
あたりまえか(笑) 
 
 
 
っていう心細いメソッドでした。 
 
 
では! 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

« リトルなでしこの平塚万貴選手のノート | トップページ | どうも、ユニクロは本気っぽい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/55741462

この記事へのトラックバック一覧です: 資格試験合格を目指す心細いメソッド:

« リトルなでしこの平塚万貴選手のノート | トップページ | どうも、ユニクロは本気っぽい »