2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« プロセスはなかなか開示されないのだが、、、 | トップページ | ポエム化する結婚式が嫌い »

2014年4月18日 (金)

ここんとこの話をまとめてみた

 よく考えたら ここんとこ ずっと似たような 「職場」についてっていうテーマで話してるね。

 
 
今日はちょっと話してきた エントリーをかんたんにまとめてみたい。
 
 
僕がここんとこで いいたかったことを あえて 一言でいうなら 
 
 
「上司と部下の関係だけを改善しても のぞまれる職場になるわけではない」 
 
 
っていう感じのことかな。 
 
 
 
「そんなの当たり前じゃん」って、おもえるよね。 
 
 
でも、実際 「上司と部下以外の関係をつくるために、職場でとりくんでいることは具体的にどういうことがあるのか?」っていうと、、、、、、なかなかでてこない。  
 
 
 
せいぜい 飲み会やったり、個人レベルで「気をつけています」とか そういう答えしかかえってこないよね。  
 
 
だから たぶんその重要性っていうのが、あんまり理解されていないし とりあえず 上司か部下のせいにしておけば まぁ一応「犯人」はいることになる。 
 
 
つまり 部下が育たなかったり、業績をあげられなかったりするのは 上司か部下かどっちかが悪いってことにしておけばいい。  
 
 
 
 
僕が話してきたのは それ「だけ」ではなくて 職場全体が「育成」や「業績アップのサポート」ができるような、体制になっていないのではないか? ということなんだよね
 
 
 
 
 
 
(※ 過去エントリー  誰もがよいということが、おこなわれるわけではないね)  
 
 
 
 
 
この 「オフィシャルに」ってとこが、ミソで ちゃんと業務時間内にやる必要がある。 
 
 
 
そうでないと なんとなく なし崩し的にやめちゃうんだよね。  
 
 
で、業務時間内にやるから 当然ある程度「成果」をださないといけないので 「成果を規定する」とか ちょっとしたコツが必要になる。  
 
 
 
 
 
(※ 過去エントリー  かといって、「実のある会話」ができているわけではない) 
 
おそらく、重要性が理解されていないことのひとつに、「実のある会話」とまではいかなくても 一応コミュニケーションはとれているという 現象がみられるからだとおもう。 
 
本当にわかりあえてるのか? みたいなことまで 必要ないけど、仕事のやり方を学ぶ相手は社内にたくさんいるのに 直接の上司だけしか話ができないってのはもったいなさすぎる。 
 
 
 
 
 
 
 じゃ どうやっていくのか? っていう事例は 2社だしてみた。 
 
 
要するに「いいことばっかり」なのだ!  (別部門からメンバーをあつめるケース)
 
 
プロセスはなかなか開示されないのだが、、、  (同じ部門(営業部)からメンバーをあつめるケース) 
 
 
 
 
それぞれに 共通するうまくいかせるコツは 
 
1 このチームが達成すべき「成果」は何か?を決めて 達成すること
 
2 上司や先輩が必要以上に「上位者」として権威的にふるまわれないように 注意が必要
 
 
ってことは 必須条件だとおもうな。  
 
 
 
 
 
 
 たぶん こういうのは たとえば僕なんかが、もう少し広めていく必要があるのかもね。
 
 
 
けっきょく 「こういうの」ってしか名前もつけてないし なんかもうちょっとイメージしやすい形にすると もっとおおくの人がハッピーになれる気がするね。 
 
 
押し売りはしないけど コストがそんなにかからないので もっと広がるといいなっておもうな。 
 
 
 
では、また! 
 
 
 
 

 
 

« プロセスはなかなか開示されないのだが、、、 | トップページ | ポエム化する結婚式が嫌い »

コーチング どう活かしたら良いのか?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/55837580

この記事へのトラックバック一覧です: ここんとこの話をまとめてみた:

« プロセスはなかなか開示されないのだが、、、 | トップページ | ポエム化する結婚式が嫌い »