2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« 僕のアドバイスなんか良いわけがない | トップページ | リトルなでしこの平塚万貴選手のノート »

2014年4月 9日 (水)

小保方さんの記者会見の「質問」について

 小保方さんの記者会見が、なかなかに面白い。 

 
 
僕は 記者会見なんかで 記者の「質問」なんかが気になったりするんだけど 今回もなかなかにすごいなぁ。
 
 
 
 
 
記者の質問っていうのは たぶん なんらかの意図をもった質問をして それによる相手の反応を引き出すっていうことだとおもう。 
 
 
 
ただ 毎回、、、だとおもうんだけど あんまりそれにも成功してないようにおもうな。  
 
 
 
 
 
 プロ野球のヒーローインタビューとかも、かなりすごいよ。 
 
 
「6回ですが ピンチを迎えて 相手は首位打者の××選手 一打逆転の場面で 見事スプリットで三振をとりました。スタンドがわきました! ガッツポーズもでましたね。やっぱり 「やったぞ」って感じがみてる我々にもつたわってきました。その時の気持ちはどうでしたか?」 
 
 
って 全部いわれてるじゃん(笑) 
 
 
 
 
こういうインタビューはすごく多いよ。  
 
 
 
 
たぶん このインタビューの意図は、選手と観客とかスタジアムの一体感をつくろうっておもってやってるんだろうけど、、、、、、だいたいあんまり成功してないようにおもうな。  
 
 
 
 
 
 
 もちろん、なんか 「コーチング」的な質問をしたらいいんじゃないか? ってことじゃないよ。  
 
 
 
コーチング的質問ってのは あくまでパーソナルなもので 本人のためのものだよ。 
 
 
 
だから インタビューとかには適さないとおもうな。  
 
 
 
 
 
 
 ただ 小保方さんに 対するインタビュアーの質問っていうのは すべて 過去の質問ばかりだったんだよね。 
 
 
「ねつ造的なことはどうか?」 
 
「あなたの言ってきたことに矛盾があるのでは?」 
 
「不服をいったのはなぜか?」 
 
 
みたいな そういう 過去の話がほとんどだとおもう。  
 
 
 
 
 
 
 でも たぶん 会見が展開していくのは 今後について聞いたほうがおもしろかったんじゃないかな?  
 
 
 
「この状況を今後どうしていこうって個人的にかんがえています?」 
 
 
「次の会見があるとしたら どういう会見がおこなわれるとおもっています?」 
 
 
「第三者による証明は いつごろできるとかんがえていますか?」  
 
 
 
とか いくらでもできるだろうね。  
 
 
 
 
 
 たぶん そういう 「未来」にむけての質問ができると かえって 本人のかんがえとか雰囲気とかが明らかになるとおもう。 
 
 
 
そして そっちのほうが結局 今回みたいなインタビュアーの引き出したいものを引き出せるんじゃないかなとおもったな。 
 
 
 
 
 
 
 まぁ 明日のワイドショーも えらいことになるだろうけど。 
 
 
 
 
実はまだ 「パワーポイントとかしらないおやじが結構だまされている現象」とか なかなか興味深い現象もあるんだけど それはまた別の話。  
 
 
 
では また!
 
 
 

 

« 僕のアドバイスなんか良いわけがない | トップページ | リトルなでしこの平塚万貴選手のノート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/55714202

この記事へのトラックバック一覧です: 小保方さんの記者会見の「質問」について:

« 僕のアドバイスなんか良いわけがない | トップページ | リトルなでしこの平塚万貴選手のノート »