2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« 現金じゃなくて「ポイント」で給料? | トップページ | 価値観はひとそれぞれ »

2014年3月 8日 (土)

リオの交通システムとか

 今日 ちょっと目を引いたのは 2016年にオリンピックが開かれる ブラジル リオデジャネイロの記事。  

 
 
 
2016年夏季オリンピック開催に向け、急ピッチでインフラ整備が進むリオデジャネイロ。そこには、市民生活の向上を最重要課題として、ハイテクとオープンな対話を軸に据えた街づくりのお手本が垣間見れる。  
 
 
 
365cec6a16e576b3553b97414f8426e7e_2
 
 
 
 
この5つの取組みなんだけど、  
 
1 ハイキャパシティ交通システムでクルマ依存から脱却
 
 
2 解決率78%! 市民参加型デジタルソリューション

 
3 サンバやボサノヴァの街を守る意義
 
 
4 合言葉は市民とともに。陽気で楽しいオープンガヴァメント 
 
 
5 「Startup Rio」 で ブラジルのシリコン・ヴァレーを 
 
 
って この題目だけ見てても、ワクワクするでしょ? 
 
 
 
 
5つの全部が どれも魅力的なプロジェクトだよね。  
 
 
 
 
 
その中でも 僕がちょっと 羨ましいなぁと おもったのが 1の「クルマ依存からの脱却」ってとこだよ。 
 
 
 
 
 
5d983959ccf21fc2ee43ef9b98724122e13  
 
 
 
 
実現されているわけじゃないから なんともいえないんだけど 現在リオの公共交通機関の使用は 市民の16%だそうだ。 
 
 
それで BRT(バス・ラビット・トランジット)というシステムを導入するらしい。 
 
これは 要するに バスを2台連結させて専用道路を走らせる、、、、、、というもので まぁ 路面電車的にやるってことだろうね。 
 
 
 
オリンピック開催時には 60%のリオ市民が公共交通機関を利用することをもくろんでいるらしい。 
 
 
 
 
 
 
 
こういうの 本当に沖縄とかで 実現してほしいよなぁ。 
 
 
僕は 休日とか 沖縄ではほとんどクルマを運転しない。 
 
それは 絶望的に混んでいて 移動だけでかなりの時間を消費してしまうからなんだよね。 
 
 
 
 
 
現実的な解として やっぱり 市街地の中心部はクルマの乗り入れを規制する必要があるのかもね。 
 
 
いろいろ問題あるけど けっきょく住んでいる人の 生産性を損なっている気がするなぁ。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 制度だったり ルールだったりを整備することで 人の行動ってかわるよね。 
 
 
地方の人は時間にルーズだ、、、、、、っていうのは 公共交通機関が発達していないっていうのが大きいとおもう。 
 
 
実際 混んでなければ 20分くらいで着く場所が 2時間くらいかかるなんて ざらにあるもんなぁ。 
 
 
 
だから 時間を守らない「人」がわるいんじゃなくて 時間が読めなくなる「環境」に問題あがるってかんがえる必要があるよね。 
 
 
 
 
こういうのは とても大事で 時間を守らない人を責めても解決はできないよね。  
 
 
 
 
 
 おとといも話したけど (※ 「なぜあなたの話しがきかれないのか?」 ) 人の問題にするんじゃなくて デザインだったり環境だったりっていうのに 着目していかないと 解決にはほどとおいよね。 
 
 
僕は そうすることで 結果的に 人をすくうことになるとおもっているよ。 
 
 
 
 
 ソチもパラリンピックがはじまったけど うーん リオ行きたくなってきたね。 
 
 
 
 
 うーむ。 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 現金じゃなくて「ポイント」で給料? | トップページ | 価値観はひとそれぞれ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/55292260

この記事へのトラックバック一覧です: リオの交通システムとか:

« 現金じゃなくて「ポイント」で給料? | トップページ | 価値観はひとそれぞれ »