2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« 「社会人基礎力」を格段にあげる方法(昨日のつづき) | トップページ | 沖縄の離島が舞台 怒涛のSF近未来マンガ 「ナチュン」 »

2014年3月 4日 (火)

沖縄県でもっとも低い賃金は?

 今日も 統計をしらべる必要があって ながめてたよ。 

 
それで また ちょっと統計ネタ。 
 
 
(※ 前回 賃金のピーク  ) 
 
 
都道府県別の主な産業別賃金の最新のデータ
 
 
 

Data_2

 

 

 

全国のデータを抜粋したやつ。 

 

赤字は 全国最低のもの だから産業別賃金のワーストはすべて、九州、沖縄になる。 

ただし、ワースト3ぐらいまで広げれば 東北と九州、沖縄 それに ちょびっと四国って図式になるので まぁ だいたい 予想どおりだよね。 

 

 

これでみれば 沖縄県の水準ってとても低いんだけど やっぱり目をひくのが サービス業の水準が 他県とくらべても ダントツに低いんだよね。 

 

もちろん 他業種でも全国との差でみると、もっと開きがるところはある。 

 

 

でも 運輸業も20万を切ってるけど、サービス業は平均17万4千円だから、沖縄県でサービス業の水準はかなり低いね。

 

 

実際、第3次産業である、サービス業の人数っていうのは 多いとおもわれるから ここが低いのが沖縄県の賃金が低い原因なんだろうね。 

 

 

全国的に 情報通信業の賃金が高いんだけど 沖縄県では 「医療・福祉」がわりと水準が高いね。ユニバーサルサービスの影響なのかな? よくわからないけど。 

 

 

サービス業の賃金は 他県とくらべて 2万円~3万円はあがっても おかしくはない。 

 

だから もうちょっと 付加価値をたかめる必要があるんだろうね。  

 

このへんを かんがえていく必要がありそうだね。

 

 

 

 

« 「社会人基礎力」を格段にあげる方法(昨日のつづき) | トップページ | 沖縄の離島が舞台 怒涛のSF近未来マンガ 「ナチュン」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/55235913

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄県でもっとも低い賃金は?:

« 「社会人基礎力」を格段にあげる方法(昨日のつづき) | トップページ | 沖縄の離島が舞台 怒涛のSF近未来マンガ 「ナチュン」 »