2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« Don't you see! | トップページ | アマバルの自然誌 沖縄の田舎で暮らす 池澤夏樹 »

2014年2月 7日 (金)

「コンテンツ」と「体験」 昨日のつづきっぽい

「聴覚を失った現代のベートーベン」佐村河内守 なぜテレビはダマされたのか? 

 

音楽性そのものが評価されている、などと言いながらも、どこかでその「ハンディキャンプ」そのものも、その音楽家の「売り」のひとつになってしまっているのも確かだ。少なくともコンサートに出かけ、CDを購入する側からすれば、その音楽家がもし「健常者」だったら、同じように熱狂するのかと問われた時、「障害を持っていること」がある種のバイアスをもたらして高く評価してしまう面がないと言い切れる人はよほどの音楽通なのだろう。

それぐらい、「障害を持ち、それを乗り越えた」という「天才」が、同じように「痛みを持った人たちを励ます」というストーリーはこの世にあふれ、それを欲する人々がいる。

佐村河内氏は、こうした日本人や日本のマスコミの「いい話好き」のメンタリティを利用して、多くの人に「ウケるストーリー」を作り上げ、その主人公を演じていたのである。

(一部抜粋)  

  

Twitterとかfacebookとかで、「別におんなじ音楽だから、いいものはいいんじゃね?」ってコメントとかながれてきてた。 

 
 
でも 僕自身は、騙されていたら 確実に 絶対に 「いい音楽だなぁ」って感動は薄まったり なくなったりする。
 
 
だから おなじじゃないか とかは思えない。
 
 
それは 僕自身が音楽に関して 詳しくなくてわからないので 周辺状況から判断してるからだ。 
 
 
 
 
 
 
どっかのお店に入って 綺麗なお皿に 美味しそうにもられた 料理と やすーい皿に 適当にもられた 料理では 「味がいっしょだからいいでしょ?」ってわけじゃないよね。 
 
 
 
これは 結構大事で 昨日も書いたんだけど 「コンテンツ」だけを 消費しているわけではなくて その周辺の「体験」も消費している  わけで 「コンテンツ」が同じだからいいだろう という場合は すくなくとも ある種のディスカウントがおこなわれないといけない。 
 
 
 
安売り店だから デパートと同じ商品が やすいんけど 包装が雑だったり セルフサービスだったりする、、、、、というのと同じだよね。 
 
 
 
 
 
 
だから これは 高級店のパッケージに似せた ニセモノのパッケージにつつんだ 同じコンテンツなんだろうね。 
 
 
 
 
 
 
今回 「こんなもん、いっしょじゃないか」っていう 短絡的に考える人もいるし 「なんだか なっとく行かない」って よくわからないけどおかしいっていう反応の人や 「いや 俺はいやだ」っていう人とか 反応さまざまで面白かった。  
 
 
 
 
 
ただ、あたりまえだけど はっきりしたのは 「体験」というパッケージで嘘ついたら やっぱりふつうの人は怒るってことだね。 
 
 
 
 
たとえ 中身がおなじでもね。 
 
 
 
それだけ 「体験」っていうパッケージも重要なんだろうね。
 
 
 

« Don't you see! | トップページ | アマバルの自然誌 沖縄の田舎で暮らす 池澤夏樹 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/54900517

この記事へのトラックバック一覧です: 「コンテンツ」と「体験」 昨日のつづきっぽい:

« Don't you see! | トップページ | アマバルの自然誌 沖縄の田舎で暮らす 池澤夏樹 »