2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« アマバルの自然誌 沖縄の田舎で暮らす 池澤夏樹 | トップページ | 実は「期待報酬」が正しい »

2014年2月 9日 (日)

ダイ・ハード/ラストデイ またクソ映画度アップ!

ダイ・ハード 4.0の あまりのつまらなさに、なかなか見る気がなかった ダイ・ハード/ラストデイ。 

 
 
なにをおもったか、ついみてしまったよ。 
 
 
んで、4.0より さらに 「クソ映画度」がアップしていて なかなか無駄な時間をすごしたよ。 
 
 
Poster
 
 
 
ストーリーは 息子をたすけるために、ロシアに向かったマクレーンが、息子の極秘任務にまきこまれて 闘う、、、、、、って いうストーリー。 
 
 
 
 
おおっ これで 説明できたぞ。 
 
( ん? まえも カンタンに説明できる映画 をみたような気がする、、、、) 
 
 
なんというか それだけなんだけど イマイチ 
 
「なんで ロシア?」 
 
「なんで 息子が ?」 
 
「つか、偶然がすぎない?」
 
 
ってことに気がいって アクションシーンとかに入り込めない。 
 
 
 
 
まぁ こういう映画って 荒唐無稽なんだけど どんどんたたみかけていって、考えるヒマをあたえない、、、、、って すすむよね。 
 
 
 
でも ダイ・ハードは 途中から 妙に冷静にもどってしまうんだよね。 
 
 
 
アクション映画って 何回みても、どうなるかわかっているくせにハラハラするっていうのが よい映画だとおもうんだけど これは最初なのにあんまりハラハラしないんだよね。 
 
 
 
最近の、アクション映画では 車が破壊されることで ドミノ倒し的に 通行人がさけていったり 動物があばれたり ビルがたおれたりってなっているよね。  
 
 
だけど ダイ・ハードは 車が どんどん壊れていくだけなので 単調なんだよね。 
 
 
 
ダイ・ハード的な映画が増えたおかけで、本家のダイ・ハードが色褪せてしまったのかね。 
 
 
 
ダイ・ハードのインフレがおこっているんだろうね。
 
 
 
 
 
A0236790_0172035  
 
 
 
こんな映画でも、次の 「ダイ・ハード6」 は製作決定しているらしいよ。 
 
 
 
ダイ・ハードのポイントは、マクレーンが 管轄外なのに自分がやらなきゃいけなくなって しかも それは休暇中でせっかく家族のためにすごそうっておもってたのに! ってところだとおもう。 
 
 
だから たたかいながら、 
 
 
「なんで 俺がこんなことやらないといけないか?」 
 
 
とか  重要な味方からの連絡をまっているのに なんにもしらない娘から電話かかってきて  
 
 
「パパ! どういうこと! いったいいつまで待たすのよ!!」
 
 
 
「おまえ なんでこんなときに電話かけてくんのよ、、、ってか いつまで待たすか オレがききたいよ とほほ、、、なんで こんなことに、、、くそー国際テロリストめー」  
 
 
 
 
のような 闘っているのは すごい敵なのに マクレーンは早くかえりたいだけ、、、、、のような映画だと プロットが面白くなるのにね。  
 
 
 
 
次回は そーゆーのを期待しますね。 
 
 
 
 

« アマバルの自然誌 沖縄の田舎で暮らす 池澤夏樹 | トップページ | 実は「期待報酬」が正しい »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/54930382

この記事へのトラックバック一覧です: ダイ・ハード/ラストデイ またクソ映画度アップ!:

« アマバルの自然誌 沖縄の田舎で暮らす 池澤夏樹 | トップページ | 実は「期待報酬」が正しい »