2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« すべての人に望まれる「専門家」の条件 | トップページ | ホワイトボードの方則 »

2014年1月16日 (木)

学校の勉強は社会に出て恐ろしく役に立つ

かつては「偏差値の高い難関校」はそれ自体がひとつの目安となり、たとえ「グータラ学生」だったとしても常識や一般教養は身についていると期待できた。そのため企業側も、採用時には学力よりもサークル活動など学生生活の充実ぶりに注目した。ところが昨今は大学のレベルを問わず、「勉強しない」の意味が「常識を知らない」と同義になりつつあるようだ。興味のある分野には徹底して関心を寄せるが、逆にそうでない分野は一切知ろうとしない若者が増えたと石渡氏はみる。 

   ただ今日でも、大学でまじめに授業に出席し、勉強に励んでいる学生は就活に必要な社会常識や一般教養が身についているという。逆に基礎学力がない学生は、徹底して欠けている。言わば二極化が進行しているようだ。 

 

「小学生レベルの学力」どころではない 難関大の学生も驚愕の「常識崩壊」 

 

 

 

まぁ、この記事は  

 

「就職試験で、学力重視の企業がふえているのは 難関大でも常識がない人が増えているからだ」  

 

 というところに着地させたいんだろうけど 実態は ぜんぜん違う。

 

 

 

この記事を書いた 記者かライターかしらないが 取材していないことはすぐに分かる。

 

 

 

 

 

僕が就職活動をしていた時代は 「有名大学でた だけ ではだめで しっかりコミュニケーショ能力がないとダメ」 という基準がおおかったような気がする。

 

それは つい最近までも主流で むしろ いわゆる「コミュニケーション力」みたいなものの偏重が 凄かったんじゃないかとおもうな。 

 

「学校の勉強と社会とは違うんだ!」

 

「就職したら 大学までの勉強はすべて忘れた」

 

などという言葉が 平気でいわれていた。 

 

 

最近もそのような 「コミュニケーション力」「人間力(笑)」などが 就活の重要なものだといわれてきた。 

 

だから 「就活塾」的な ナンセンスなバカバカしいものが 幅をきかせているんだとおもう。 

 

 

 

島耕作が 課長のとき 宴会で 盛り上あげるために 「裸踊りでもやって!」といわれて 困っていたら 上司の中沢部長が 「おー私がやりましょう!」といって その場を救うというエピソードがある。 

 

 

そのあと 屋台で 中沢部長が島耕作に  

「俺も最初はびっくりした。マルクスもケインズもぶっとんだよ。俺は大学で何を勉強してきたんだろう?ってね」 

という話しをするくだりがある。

( だいたいこんなエピソードだった )

 

 

 

これは 日本の力が強くて、社内や国内の取引先と いかにうまくやるか?が企業の使命だった時代は 学閥だったり、コミュニケーション能力とかが とても有効だったからだろう。

 

でも いまは 「マルクスもケインズもぶっとんだ」 ではダメで マルクスやケインズぐらいある程度 読んでないと そもそも会話の共有ができない。

 

学生は勉強してないとダメですよ。 

 

 

昔は、大学の勉強は社会にでて 役に立たないとかいわれていましたので そんなことをいっている オッサンのいる会社なんかに就職するのやめましょう(笑)

 

 

正直 専門分野であれば 大学レベルの知識では たいして有効ではないんだけど かんがえないといけないのは 学校で勉強したレベルを社会にでていかに応用していくか? ということだとおもうな。

 

 

大学といわず 高校や 中学での勉強って 恐ろしく社会にでて役にたちます。

 

実際 どんなレベルでもそうなんだけど しっかり勉強してきた人の方が 長い目でみると確実に仕事ができますよ。 

 

そして 勉強してこなかった人は 自分が仕事ができないのは 実は「学力」が原因だと 気づくことができないんだよね。

 

 

これは あんまりいろいろと書けないんだけど コーチングをやっていて 間違いのない話しなんだよな。

 

 

 

 

だから 学生時代 資格試験とかよりも専攻分野を キッチリ勉強しておけば 世の中で絶対に役に立ちます。

 

 

実際ね 経済学部とか経営学部とかでた オッサンに 

 

「経済学(経営学)って そもそもなんですか?」

 

とかいっても答えられないんだから。

 

 

就活塾や、資格学校もいいですけど 学校の勉強をしっかりやりましょう。

そっちのほうが リターンが大きいとおもうよ。

 

 

« すべての人に望まれる「専門家」の条件 | トップページ | ホワイトボードの方則 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/54629258

この記事へのトラックバック一覧です: 学校の勉強は社会に出て恐ろしく役に立つ:

« すべての人に望まれる「専門家」の条件 | トップページ | ホワイトボードの方則 »