2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« ホワイトボードの方則 | トップページ | 自律的になる方法 »

2014年1月18日 (土)

「マン・オブ・スティール」 スーパーマン壊しすぎ

C73edf8b

マン・オブ・スティール」は スーパーマンの映画ですよ。

簡単にいうと 「よく知られているスーパーマンの設定になるまでを描いた映画」ですね。

製作が クリストファーノーラン、、、、、ということは バットマンシリーズと同じように スーパーマンが 「なんで 俺が闘わないといけないのか?」と 碇シンジくん的に思い悩むのか、と思いきや、、、、、、、、、、 

 

 

 


その通りでした(笑) 
 

 
バットマンやスパイダーマンなど アメコミヒーローが苦悩 葛藤した結果 世の中を救うことになる! っていうのは 最近のはやりみたいだけど スーパーマンって 僕の印象では 一番キャラがおバカで 明るくて 荒唐無稽な気がしていたので いろいろとムリがあるんじゃないかな? と思っていたんだけど、、、、、、、、、、、 
 
 
 
 
 

その通りでした(笑) 
 

やっぱり ちょっとムリがあるなぁ。
 
 
スーパーマンの設定は クリプトン星からやってきた宇宙人スーパーマンは ふだんはイマイチうだつが上がらない クラークケント という人間に扮して 新聞社で働いているが ひとたび人類の危機がおこると 電話ボックスで スーパーマンに着替えて 地球をすくう というものだよね。
 
 
要するに この映画では  なんで こういう設定になったのか? ということを いかに納得性が高く見せるか? というところが見どころなんだよね。

とくに 「電話ボックス」って いまやほとんど見かけなくなったので コンビニのトイレとかで
着替えるのか? いやそんなことないだろう、適当にごますんじゃないかな?と思ってたんだけど、、、、、、、、、、、、 
 
 
 
 

 
その通りでした(笑) 
 

 
 
 
やっぱ 設定にむりがありまっせ ノーランはん。 
 
 
 
けっこう 笑ったのが スーパーマンとクリプトン星からきた宇宙人との 「超人対決」で これは 映像的には もの凄い。
 
超人同士の闘いがリアルにつたわってくるし いままでに見たことがない映像で 見る価値大!だとおもうな。
 
 
ただ スーパーマン、、、、、、壊しすぎ! たしかに地球の危機だけど 殴りあうだけで ビルとか3つ4つ簡単にこわすし あれは けっこうヒト死んでるんじゃないの? 
 
費用的にも あんまり地球人にやさしくないですよ。 
 
まぁ 地球のためとはいえ  「おいこら ケンカは外でやれ外で!」って そりゃいいたくなりまっせ。
 
 
でも 地球の危機をすくってくれて ありがとうございます。
 
 
続編 必至でしょう。 

ってか 続編は バットマンVSスーパーマンらしい、、、、、 ケンカはゴッサムシティの外でやってくださいね。   
 
 
 
 
Poster
 

 
 
ところで クラークケントの母親役(養母ですね)に ダイアンレインがでてるじゃないか! 
 

デビュー作の 「リトルロマンス」から 「アウトサイダー」「ストリートオブファイヤー」「コットンクラブ」とか 見てた僕としては なんだか突然の登場にちょっとビックリしたよ。  
 

 
華やかな印象があった 彼女だけど 意外と「気骨ある母親役」とか わりといいかもしれないとかおもったな。 
 

あと 父親役で ケビンコスナーもでています。 
 

なんか ドラマの大物俳優枠 みたいな感じで ちょっとでてきて オイシイ台詞だけいって すぐ引っ込むみたいな役どころですね。 
 
 
次回作も ダイアンレインが 母親役ででてくれると ちょっと嬉しい。 
 

 

« ホワイトボードの方則 | トップページ | 自律的になる方法 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/54659477

この記事へのトラックバック一覧です: 「マン・オブ・スティール」 スーパーマン壊しすぎ:

« ホワイトボードの方則 | トップページ | 自律的になる方法 »