2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« 「ポジション」の変化の、次にくるもの。 | トップページ | 8/11(土) ラジオONAIR 「時間」にまつわるアレコレばなし »

2012年8月 7日 (火)

最近、読んだ本(ってか買った本)

6

最近  紙の本(へんな 言い方だ)を みる機会がふえている。

 

僕は 基本的に 「自炊」して キンドルで読む人  なんだけど そうじゃなくて 紙で 読む必要がある本も、あるんだよね。

 

この ビジュアルディクショナリーなんか 本当は iPadなんかの アプリケーションとかだったら 凄く便利なんだろうね。 

でも こういうのは 紙の質感もいいので パラパラめくってしまうし そんなとき思わぬ時間がたって 「あーもうこんな時間なのかぁ」のような幸福な瞬間って なんとなく 紙の本のほうがあるような気がする。 

 

まぁ こういうのも 昔LPレコードが CDにおきかわったみたいに 「やっぱり じっくり聞くには レコードに針を落とさないとね」って いうのと同じなんだろうね。

 

 

2

 

電子辞書も iPhoneアプリで もっているんだけど 紙の辞書のメリットは ほかの単語も おもわず読んでしまうって とこだとおもう。

 

 

あと 関連語とかを 電子辞書の推奨でなくて 自分で調べるときには 紙の方がいいね。

 

僕がもっている iPhoneアプリは やや例文が貧弱だから 紙だと 楽しくて おもわず読みふけってしまうね。 

 

 

実際 ちゃんとした 電子辞書かえば 英和中辞典ぐらいのコンテンツはよゆうであるんだろうけど 価格がたかいので ちょっと 躊躇してる。

 

 

 

 

7


沖縄にすんでると 必然的に 飛行機にのる機会がすごくふえるんだけど 離陸、着陸の一定時間は 電子機器の使用ができないよね。

 

機内誌とかもあるんだけど 月1の発行なので 読んじゃってしまうこともおおい。

なので 空港で 雑誌かうことは おおいかな。

ってか 空港以外では 雑誌ってほとんど買わない。

 

 


これは 「読書の技法」って かいてあるけど 技法というより ブックリストとか ガイドを それぞれの 専門家のひとがすすめているって特集。

 

表紙の佐藤優が とても怖いけど 佐藤氏が 「読書の技法」って 東洋経済社から本をだしているんだね。 それで タイアップ的な特集なんだね。 ナルホド〜。


専門家のおすすめ本のリストがあるんだけど 僕はこういうのに弱い。

 

ブログなんかで おすすめ本とか 読んだ本の感想をアップしているエントリーとか よくあるけど そういうのって とにかく 「読んだから とにかく アップ!」ってのが おおくて 購入の参考には? ってとこあるよね。

 

 

この特集の専門家のチョイスが なかなかおもしろくて どんなジャンルの専門家かというと、

「日本経済、世界経済、金融、日本企業の競争力、国際政治、人事とキャリア、家族と無縁社会、死に方

の7人の専門家がチョイスされています。

 

 

ってか 「死に方」の専門家って誰よ! (島田裕巳さんです、、、そうだったのか、、、)
まぁ いかにも 東洋経済っぽい ジャンルですね。

 

「専門家」の人は 大学の先生がおおいので そのチョイスも 大学の教科書みたいなものが おおいです。(価格でわかる、、、、)

買うかどうかは わからないけど( 高いので ) 図書館で ちょっと見てみたい本もあるな。

 



最近は そんな読書ライフでございます。

いま キンドルでは 「ジェノサイド 」と「いかにして問題をとくか 」をよんでいます。


« 「ポジション」の変化の、次にくるもの。 | トップページ | 8/11(土) ラジオONAIR 「時間」にまつわるアレコレばなし »

Book」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/46613079

この記事へのトラックバック一覧です: 最近、読んだ本(ってか買った本):

« 「ポジション」の変化の、次にくるもの。 | トップページ | 8/11(土) ラジオONAIR 「時間」にまつわるアレコレばなし »