2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« あなたが神様でなければ、人材を育ててはいけない | トップページ | 「活気」の正体とは? »

2012年6月19日 (火)

酷暑!やんばるドリームトライアスロン IN くにがみ

6/17(日)に 国頭のトライアスロンを 走ってきましたよ。

 

台風の影響でどうかな? っておもったんだけど 当日は「快晴!」というか、酷暑のなかでの 大会で とにかく暑かったですよ。

 

僕がすんでいる 那覇市内から 会場の国頭村 「くいなエコ スポレク会場」までは 高速をつかっても 2時間くらいかかります。

 

 

当日 受付が7時30分までなので 5時には家をでましたよ。

 
ちなみに 前日は禁酒したけど 準備とかいろいろ だんどりわるくて 12時くらいに寝たので かなり眠いスタートだったなぁ。

 

 

6

写真でもわかるように 快晴。

 

 

 

 

7

競技前のゴール これ 7時半くらいの写真なんだけど もう夏の雰囲気ですね。

 

 

 

 

8

トランジション。 他の人の自転車みるのは楽しい。

 

でも いい自転車が欲しくなるなぁ。 他人のもちものはカッコよく見える。

 

 

 

 

僕は 今回はスプリント部門で 距離はオリンピックディスタンスの半分。

 

だけど 3種目の大会は久しぶりだったので スタートまえは ちょっと緊張。

 

ただ 海で試泳してみたら わりと気持ちよくおよげたので おちつく。
すこしでも ウォーミングアップすると 体が気分を落ち着かせるみたいな 効果があるね。

 

 

ほどなくして 9:00に スイムスタート!

 

わりと ゆっくりスタートしたんだけど 今回は混雑もあまりせず しかも波もべた凪 かなり スムーズに泳げて 気持よく終了。

 

 

 

次バイクなんだけど トランジションでウエット脱いだり なんやらで かなりロス。

 

 

いや マジで これ次回以降の課題だな。

 
相当 抜かれたかんじがするなぁ。

 


 

そしてバイク

 

コースを3周回するんだけど いつも後半バテるので 1周回目はわりと慎重に入る。

 

まぁまぁ 調子もでてきたので 2周回目から 少し踏み込んだんだけど しかし 暑い!

 

暑い! 暑い! 暑い!

 

 

比較的 アスファルトの照り返しも弱い道だし 午前中だったけど それでも相当暑い。

 

オフィシャルのエイドなのかどうかわからないけど、バイクでも 途中で水を渡してくれて 相当助かった。 

2回くらい氷水もらって ありがたかった。

 

 

 

 

 

バイクおりて また トランジションでもたついて(笑) ランへ。

 

 

ランは 2周回するんだけど 暑い! 暑い! 暑い!

 

 

ちょっとだけ 日陰があるんだけど でもほとんどが 照りつける太陽の中。

 

トライアスロンのしんどさ というよりも 暑さのガマン大会みたいな様相。

 

 

 

12

よゆうの表情にみえるけど 人がいるところは元気に走って 誰もみてないところでは ちゃんと ヘタれています。

 

 

 

 
 

なんとか 無難にゴール。

13

 

 

 


わりと マイペースで走ったわりには 比較的上位でした。

11

 

 


 
 

お昼はカレーとドリンクが支給。
気温が暑すぎて 味もなにもわからん。

10

 

 



友達が ご家族でこられていて あんまり暑いので 競技のあと お子さんと 海で遊んだりしてました。 水の中が気持ち良い~



 

 
 

今回は 久しぶりの大会で 無事に走れたので まぁよかったかな。

 

 

トランジション対策と バイクの強化とか 課題もみつかったし 今度は 10月にむけて がんばりますよ。

 

ちょっと 今でも日焼けあとが痛いですね

 

 

9

« あなたが神様でなければ、人材を育ててはいけない | トップページ | 「活気」の正体とは? »

トライアスロン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/45712640

この記事へのトラックバック一覧です: 酷暑!やんばるドリームトライアスロン IN くにがみ:

« あなたが神様でなければ、人材を育ててはいけない | トップページ | 「活気」の正体とは? »