2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月21日 (金)

阿蘇に行ってきて 「水」を堪能した!

なんだか、ずいぶん久しぶりの更新です。

少しまえになるのですが 阿蘇に行ってきましたよ。
秋の入口の季節で とっても気持ちが良かったなぁ。

Img_1056_r Img_1057_r


福岡から 大分方面から 向かったので 途中 「九重夢大吊橋」によってみました。
歩行者専用の橋としては 日本一だそうですね。
紅葉はみてのとおり まだまだです。
ちなみに 有料なので 行かれるかたは ご注意! 団体さんもおおいね。

お昼は 水が美味しい山間なので もちろん 日本蕎麦!

Img_1064_r Img_1063_rImg_1066_r 

お腹がすいていたこともあったんだろうけど 凄く美味しい~だし巻き卵も美味しい!

お蕎麦やさんの横には 清流が流れていて 涼しげで 気持ちいい。

Img_1059_r

お昼のあとは 阿蘇の大観峰にいきます。

Img_1077_r Img_1076_rImg_1078_r_3

広々の景色。 まだ秋にはちょっとはやいけど 赤とんぼの姿が、、、、

Img_1069_r

このあと 阿蘇神社によって 門前町を散策します。

Img_1081_r Img_1114_r

ここは 水が湧き出る泉 水基が 14箇所もあって  それをめぐってみます。

写真は ごく一部です。

Img_1082_r Img_1084_r Img_1093_r

サイダーや トマトが冷やしてあって どちらもとても美味しい。

Img_1100_rImg_1109_r

とまった 旅館は 内牧温泉 「ZENZO」

Img_1147_r Img_1148_r

室内はこんな感じ。

Img_1152_rImg_1153_rImg_1118_r

夕食は囲炉裏で。 イワナ、豆乳、ジャージー牛乳の茶碗蒸し、とか 地どれ、新鮮なものが いっぱい。

Img_1126_r Img_1128_r Img_1133_r

とにかく 野菜がすごく、すごく、すご~く 美味しくて 生でポリポリたくさん食べてしまいます。

地元でとれた 秋の味覚 栗や そしてもちろん 阿蘇のあか牛など 大満足。

Img_1129_r Img_1135_r Img_1137_r

地ビール、焼酎、日本酒もいただいて もちろん 温泉にもゆっくりつかってきました。

 

 

 

翌朝は 早起きして 朝もやのなか 朝ランニング~ そして また食べる(笑)朝食

Img_1146_r Img_1145_r Img_1155_r

また 朝食の納豆とか味噌汁とかご飯とか卵とか めちゃくちゃ美味しくて ご飯4杯に 味噌汁3杯も 食べてしまった(マジで、、) 

たぶん 水が美味しいので 野菜やご飯、味噌汁とかたまごとかが 美味しいんだとおもう。

とにかく ちょっと なんでもないものの美味しさが ハンパないくらい美味しい。

 

 

阿蘇駅によって そのあと 午前中は 山あいを散策 天気いいけど 風も気持ちいい。

Img_1158_r Img_1159_r Img_1160_r

午後から 南阿蘇鉄道で トロッコ列車にのります。

Img_1167_r Img_1169_r

窓が開けっ放しで 白河水郷の近くとか 通るんだけど 夏は暑いかもね。

満員だし 速度もゆっくりなので ちょうどいい季節だったかも。

ちなみに 予約しないと 乗れない時もあるくらい 人気ですよ。

Img_1179_r Img_1177_r Img_1185_r

途中 日本一長い駅名 「南阿蘇 水の生まれる里 白水高原」駅をとおって 終点の高森まで。

あとは 折り返して 帰ってきました。

 

 

もうちょっと 遅い季節だと 紅葉がしっかり色づいて綺麗なんでしょうけど 天候に恵まれたので とても気持ちよかったですよ。

 

 

 

あと やっぱり 「水」ってとても大切なんだなって すごくおもった。

水が良ければ なんでもない野菜とか 味噌汁とかこんなに美味しいなんて びっくりしてしまった。

もちろん そのまま飲んでも美味しかった。

本当に「水」をいろんな方法で 堪能した感じだったなぁ。

 

 

 

 

また行きたいか?

また行きたい。 もちろん。 できたらすぐ行きたい。

そいうわけにもいかないけど またいきたいね。

 

 

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »