2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« 黙る(まえに 一言) | トップページ | 節電の誤解? »

2011年3月20日 (日)

できることは何か?ってかんがえるんじゃなくて、、、、、

まぁ、テレビ番組だったり イベントだったりの「お題」として 

「今、自分たちにできることを 考えよう」

っていうのは いいのかもしれない。

 

基本的に テレビ番組もイベントも 被災者がメインじゃなくて 被災者をたすけたいとおもっている人を つかまえるためのもので その意味では 主語が

「(被災者でない)自分たちにできること、、、、、」

という表現になるのは当然だし。


 

いや テレビ番組もイベントも 非難してるわけじゃないよ。 
その結果 募金とか義援金とかあつまれば こんなに良いことはないとおもうよ。 
訴えている 「対象」が 違うっていうことを 言っている。

 

 

だけど 僕が個人レベルで 「今 僕ができることは何だろう?」 って考えるのは  ある意味 大きな間違いだとおもう。

 

 

考えないといけないのは

  

「僕ができることは何か?」

 
ではなくて 

 
「相手(被災者)が望んでいることは何か?」

 

であって そのうえで 僕ができることは何かってかんがえないと たんに僕の自己満足でしかないよね。


 
 

これって 恋愛とかに 似ている気がする。

 

相手の誕生日とかに 

 

「私ができることはなんだろう?」  「俺ができることは何かな?」

 

って かんがえて けっこう「重たい」プレゼントとかイベントとかあったりして 受け取るほうも 

 

「いや たしかに嬉しいっちゃー嬉しいんだけど、、、」

 

的なことってあるよね?(そうでもない?)

 

 

 

一人で 悶々と部屋で

 

「彼はこうすると喜ぶにちがいない!」 「彼女は たぶんこれは嬉しいはず!」

 

って かんがえるよりも 相手に会って コミュニケーションのなかで 相手のニーズをつかんでいくほうが よっぽど重要なはず。

 

 


コーチングなんかでつかう 関係性の構築のためのスキルは 3段階あって、

1 自分があつかって欲しいように 相手をあつかう

2 相手が望んでいるようなかたちで 相手をあつかう

3 相手も気づいていないニーズにもとづいて 相手をあつかう

 

 

というもので 1番は 

「自分はどうしたら嬉しいかな?」

という発想で 一番基本的なこと。

 
「自分がやられて嫌なことは人にやっちゃだめでしょ!」 って言うような おかあさん的なこと。



2番は 「他者理解」というのを まんなかの視点でかんがえましょう というもの。

1番は 主体は「自分」だけど これは「相手」が主体。

 

だから 頭で考えていてはダメで 相手とコミュニケーションをとったり バックボーンを知ったり 相手の情報をいろいろあつめる必要がある。

 

くりかえすけど 頭で考えていては 2番のあつかいはできないはず。

 


3番目は ムツカシイようにみえるけど でもビジネスとかサービス業とか もっといえば こどもとかには 日常的に 僕らがつかっているやり方。

サービス業なんかで とくに期待してなかったんだけど おもいがけないサービスをうけたり 営業マンから 「それでしたら こういうのはいかがですか? こちらの方が安いし お得ですよ」とか いわれて 

 

「あぁ有り難い!」 「よかったラッキー!」

 

とか 相手がおもうこと。

 

子供とかに 本人はよくわかってないけど 今のうちに勉強しておきなさい とか おもいがけないおみやげ買ってきてあげたりとか そういうの。
(なんか たとえがだんだん雑になるが、、、、)

 

 


そう考えると 「今、自分たちにできることは?」というのは 1番の発想にけっこう近いきがする。

 

いや それでも 1番の発想なら まだよくて 「もうすでに不要になったもの」を「物資」として 被災地におくろう とか 情報(?)を twitterやFacebookで 拡散してひろめようとか 視点が 自分視点だよね。
(※ すべて ってわけじゃないことは よくわかっています)

 

 

それって 相手が望んでいることですか?
相手が望んでいるって どうやってわかりました?
望まれているのは、物資? 避難? 情報? でもなにより 重要なのは問題を解決することじゃないですか?

 

 

 

やらないといけないのは まず最初に 

「相手が何を望んでいるのかを知ること」

で それを ふまえて 

「自分たちにできることは何か?」 

だとおもう。

 

 

だから 何かしようとか 協力しようとかするときに 「ふまえているのか?」っていっぺんかんがえて アクションをおこしても いいんじゃないかとおもう。

 

 

※ もちろん 緊急で ニーズが自明な場合はそれで問題ないとおもいます。







« 黙る(まえに 一言) | トップページ | 節電の誤解? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/39296284

この記事へのトラックバック一覧です: できることは何か?ってかんがえるんじゃなくて、、、、、:

« 黙る(まえに 一言) | トップページ | 節電の誤解? »