2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

twitter

« (音声 第4回) うまくいくように「◯◯の◯◯」を調整する | トップページ | お休み »

2011年1月31日 (月)

わりとシンプルにやること

1月もおわるんだけど 今月、何人かに 

「これに 悩んでいるんですけど、、、」とか
「これに迷っているんですけど、、」って はなしを聞いてた。

コーチングのなかで でてきたものもあるし 単に話題ででてきたものもある。

そして 偶然かもしれないけど 僕のなかで 気づいた共通点があった。

 

それは 「圧倒的に インプット不足ではないか?」 ということ。

 

もうちょっと はっきりいうと 「勉強不足、経験不足、能力不足」ということで 悩んでるヒマがあったら わりとシンプルに努力したらいいんじゃないかな?っておもったことがあったなぁ。

 

よくモノになるには 1万時間が必要 とかいわれているよね。

 

毎日 働いている時間が すべて自分の血肉となる勉強になった時間として (実際には そんなことは絶対にないが) 1日 10時間くらいが限界?

 

1日 10時間 X 30日 だと 1ヶ月 300時間  

300時間 X 12ヶ月  1年で 3600時間 

1日も休まず 「労働」ではなく 「仕事」や「読書」「勉強」で 1日10時間 3年間やれば 1万時間を超えてくるよね?

 

1日 5時間 もしくは 半分の日やすんだら 6年くらい。
1日5時間やって 半分休めば 12年くらい。

 

なんか 妙に説得力ある年数になってくるなぁ。



もし 自分の 3年前 6年前をおもいうかべて 少なくとも1万時間と 大幅に かけはなれているとしたら それは いま悩んだり 迷ったりするレベルじゃない。

単純に 自分の努力不足、実力不足なだけ とおもっても間違いじゃないとおもう。

 

 

よく感じるんだけど 「いったいこの人は1日とか 1週間とかに 何時間くらい 勉強しているんだろう? まったくやってなくて 仕事のふりをして 人と話しをしているだけではないのか?」 っていう人が とてもおおい。

 

いや 人と話しをしたり コネクションをつくったり というのも とっても重要なんだけど どんな専門分野でも 最低でも1ヶ月に 50~100時間くらいは 真剣にインプットしないと そもそも 専門分野としての話さえ 人にはできないし その分野の最新に ついていくことさえ難しいんじゃないかな?とおもう。

 

 

3日に1度くらいは 5~10時間くらい 意識して勉強しないと 古~い話しかできなくなるんじゃないかな。

 

 

もちろん 僕自身が これだけやってますっていう自慢じゃないよ。
僕は それほどやれてはいないけど 例えば この1週間まったく 勉強していないとか 本読んでないとか そんなことは 1度もない。

その程度以下であれば いくら 僕なんかより もの凄く能力あったとしても ちょっと マズイとおもうな。




3年前や6年前の 過去の自分が現在をつくっている。

だとしたら 今の自分が 未来の自分をつくることになるっていうのも アリだよね?

 

そう考えたら わりとシンプルに 努力とか勉強とか 最低限やる必要はあるんじゃないかな。

 

そうかんがえて 2月はもっと頑張ろう~ あ 僕のことです。ふふふ。






  

« (音声 第4回) うまくいくように「◯◯の◯◯」を調整する | トップページ | お休み »

コーチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わりとシンプルにやること:

« (音声 第4回) うまくいくように「◯◯の◯◯」を調整する | トップページ | お休み »