2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

twitter

« ツールドおきなわ2010(中編) | トップページ | 教える技術 »

2010年11月18日 (木)

ツールドおきなわ2010(後編)

( 前々回は、スタートまえから、道の駅かでなまで  です。)

( 前回は、嘉手納から、「365歩のマーチの坂」の途中  まででした。)

 

最大の坂 (と思われる坂。登っている最中は、どこまで続くかよくわかっていない) をのぼっているうちに 「365歩のマーチ」を歌っていたのですが この坂はちょっと強烈です。

 

歌っているといっても さすがに口に出してはいませんが 余裕がなくなってきました。

 

 

で 歌えるほど余裕がなくなって しょうがないので 数をかぞえる式に切り替えました。 

 

しかし 途中までうたっていたので ここでは特別ルールを採用して 100から数えることにしました。

 

100から数えて 200ぐらいまで数えているうちに坂も終わるだろう とおもって 

 

「200まで頑張ろう!」

 とか おもいます。

 

 


ところが 200数えてもまだ 坂は上り坂。

人生はワンツーパンチです(意味不明)

 

 

 

そして360ぐらい数えたところで、、、、 ようやく頂上!!

「360ぐらいとは なんというシンクロ」とか感激して この瞬間 この坂の名前が 「365歩のマーチの坂」と命名されたのです。

 

よく考えれば 360ぐらいというよくわからない数字で シンクロもしていません。

 
でも 登り切った感激で いつも冷静沈着な僕もわれを忘れていたのでしょう。

 

 

 

登ると下る。 人生はいつもそう。

 

 

 

下りは そのまま 気持よく下ります~ 超~気持ちイイ~。 

どこまで続くかわかりませんけど けっこう登ったので 下りも長いです。

 

下れ~ 下れ~ 下りきれ~ 

 

 

 

下って下って下りきれば なんと 名護市内でした。

 

あとは そのまま名護漁港へゴール!

Photo_13


 

思ったより はやく着きました。

 

 

ぞくぞくと レースの人とかいろいろゴールしてきます。

Photo_14

 

やっぱ ゴールのときのみなさんは良い顔ですね。

 

 

最後に完走証をもらって帰るときに、

 
Mailgooglecom

 

小さくてわからないですけど このピンクの方  自転車大好きタレントの鶴見辰吾さん です。

 
なんでわかったかというと 僕の前でちょうどサングラスをとって ヘルメットをとったからです。 

あとで 名簿をみたらちゃんと 名前がのっていました。 210キロ走っています。凄い!というか ブログ をみたら前日のクリテリウムにも出場しているんですね。

 

みんなヘルメットかぶってサングラスしているから 誰が誰やらわからないですね。

 

 

 

 


さてさて参加したトータルの感想は なんどもいってますが とにかく 楽しかった~!

 

 

 
100キロだったけど これぐらいならイケルという感触はつかんだかな?

 
練習でも100キロぐらいだったら走れる気がしてきました。

 

 

 

 

次は もう少し長い距離を走りたいです。

Photo_15

« ツールドおきなわ2010(中編) | トップページ | 教える技術 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360383/37710478

この記事へのトラックバック一覧です: ツールドおきなわ2010(後編):

« ツールドおきなわ2010(中編) | トップページ | 教える技術 »