2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

twitter

« 何をやっていけばいいのか?というヒント(告知) | トップページ | 村上春樹ロングインタビュー 考える人2010年 08月号 »

2010年8月10日 (火)

最初に地面を耕す。

「難しいものに手をつけるのではなく、効果が高いものから手をつける」っていうのは、頭でわかっていても なかなかできない。

 

世の中に溢れている、TO-DOリストのツールとかタイムマネジメントのたぐいとか そういうものはすべからく 「できるだけ、効果が高いものから手をつけられるようにアシストするもの」という いいかたもできるとおもう。

 

つまり、ふつうにそのままでいると 流されて~効果が高いものではなく~やりやすいとか~難しいんだけどやりたい好きなこととか~ という感じで手 をつけていく、、、、つまり 「効果が高いものから手をつけていく という流れは そもそも自然な感情に反したもの」ということなんだろう。

 

そのままでは やりたいことをやりたい順番でやってしまうというのが ノーマルな感情の反応なんです。 だから 「やる気」的なものを 向上させてよくしていきましょう!

 

、、、、、、、、、 という 方法が そもそも不幸の元凶なのだ。

 

僕が、コーチングをやっていて 相変わらず直面するのが 「人」や「やる気」を向上させるにはどうしたらいいでしょうか? 的な話なんだけど ぶっ ちゃけ 「会社」とか「職場」とかが 「おもわず 仕事をやってしまう環境」になっていなかったりするので そっちの方から手をつけたほうが効果が圧倒的 に高い。

 

少し前にある会社でコーチングの依頼が会ったんだけど、すこしヒアリングすると もの凄くコミュニケーションが悪い。

 

どう悪いのか?というと、いちいち細かい申し送りが 伝わっていなかったり 伝わっても えらく時間がかかったり という 面倒くさい状況。

 

まぁ だから 業務にも支障がでて さらに面倒くさくなるんだけど 依頼は 「このチームを活性化して欲しい」という依頼。


ここで ひとりひとりのコミュニケーション傾向をはかって、それにあったやり方をレクチャーし、つたわる話し方、聞き方の研修、、、、、、とか そういうことなんか やっても 効果ないとまではいいませんけど そこがポイントじゃないですよ。

 

で、僕が何をしたのか?というと 「申し送りノート(仮)」というのをつくって それを朝礼で必ず読むようにした。 申し送りはそのノートに必ず書 くようにして 疑問点があれば朝礼で 確認する。少し話し合うこともあるけど長い話は、また機会を改める。解決した申し送りもかならず 朝礼で読む。
(ノートの名前は 本当は別の名前です)

 

ただ これだけで 要するに ノートつくって 朝礼のやり方を変更しただけだ。

 

嘘のようだが 誰もこうしたほうが良いと気づかなくて 個人個人の注意とか能力の問題で コミュニケーション不全がおこっていた とおもっていたわけだ。

 

あと 実は重要だったのは 朝礼のやり方を変える ということ。

 

これは 某団体のあるやり方を完璧に踏襲していないとイカンと誰もが 疑問を持たずにやっていた。 だけど 僕はこの某団体の大幹部の方に 「 や り方はぁ カスタマイズしてぇ ぃよろしいぃ 」というAppleStore審査の100倍くらい柔軟な言質を 過去にもらっていたので カンタンに変更 できた。

 

なんだ お前はこんな詐欺みたいな仕事して金とってんのか? と言われそうであるが(笑) もちろんこれは 仕事の一部である。というか、まず こういう「地ならし」をしてからでないと いきなりコーチングなんかやったって 効果ない。

 

ポイントはここで、「人」や「やる気」にアプローチする前に 地ならし的に 環境を整えることが 実は劇的に効果がでるし そしてそれなくして 「人」や「やる気」にアプローチしても 砂漠に水をまくようなもんだ。

 

僕の勝手な感覚で言うと、最初の地面を耕す(=環境を整える)という作業が 全体の8割~9割くらいの効果をだして その上に「人」へのコーチングが乗っかるというイメージ。

 

だから コーチングそのものは 10%~20%ぐらいの感覚でいると とてもうまくいく。

 

ところで おいおい朝礼だとかノートだとか いつの時代の話だよ? メールでも グループウェア(死語)でも 使えばいいじゃないか、、、、、 と おもった素敵な貴方~ 「俺はメールなんていうものなんか一切やらない」とか言う人なんて 僕のクライアントさんの企業の中には 死ぬほどいます。

 

ということは 実際 世の中 そういう人なんてたくさんいるんですよ。

 

    こちらは 来週です!  →平日ですが夕方以降なのでどうぞ!

« 何をやっていけばいいのか?というヒント(告知) | トップページ | 村上春樹ロングインタビュー 考える人2010年 08月号 »

コーチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最初に地面を耕す。:

« 何をやっていけばいいのか?というヒント(告知) | トップページ | 村上春樹ロングインタビュー 考える人2010年 08月号 »